自作ショートショート

【自作ショートショート No.48】『空飛ぶ泥棒』

ドロンは金に困っていた。

情けないことに明日の食事にも事欠く有様で、今朝から何も食べていない。

「ちくしょー、腹減ったな」

ぐぅっと大きな音を立てる腹をさすりながら、ドロンはそっと辺りを伺う。

「今夜はどの家を狙おうか」

そう、彼の職業は泥棒なのだ。とは言っても、先日長年勤めていた会社をリストラされ、仕方なく泥棒稼業に甘んじているのであるが。

そんなわけだから慣れない仕事に思うようにいかないことも多く、ここ最近は毎日腹を空かせている状態なのであった。

「あーもう腹が減って倒れそうだ。どこでもいいから食い物のありそうな家に盗みに入ろう」

そう呟いたドロンの目に飛び込んできたのは、古びた掘っ建て小屋。

表には『ミラクル研究所』とこれまた古い表札が掲げてある。

表から見た限りでは、盗みに入ったところで金目の物などなさそうだが。

「忍び込みやすそうだしここでいいや」

腹を空かせた彼にとっては金品など二の次。とにかく今は腹を満たすことの方が先決なのだ。

それにどうせ厳重なセキュリティを破って盗みに入る技術もない。

ドロンは足音を立てないよう小屋の裏に回り込んだ。

裏側にはいくつかの窓が並んでいて、そのうちの一つから明かりが漏れている。

「なんだ、無人じゃないのか」

少し前までは会社員だった彼に、人のいる家に押し入る度胸はない。

それでも諦めきれないドロンは、明かりの漏れた窓からそっと中を伺った。

室内には白衣を着た男が一人いて、その前にはずらりと並んだビーカーやフラスコ等、数々の実験器具があった。

「ん?何してるんだ?」

ドロンはそのまま様子を伺う。すると白衣の男がどこかへ消えたかと思うと、すぐに右手にモルモットを持って現れた。

「そういえばここは研究所だったな。ってことは何かの研究をしてるのか?」

その時、男の「ついに完成したぞ!」という声が、ガラス一枚隔てた彼の耳にまで届いてきた。

次に男はモルモットになにやら透明の液体をかけた。すると液体をかけられたモルモットがふわっと宙に浮いた。

「なっ、なんだ?!」

1分と経たず、天井にぶつかったモルモットを男が抱きとめる。

「す、すげー!空飛ぶ薬だ」

ドロンは腹が減っているのも忘れて、食い入るように室内を覗き込む。

さらに男は部屋の隅にまるまっていた猫にも液体を振りかけた。

次の瞬間モルモット同様に、猫が宙に浮いたかと思うと、すぐに天井にぶつかった。

「こりゃすごい!あの薬があれば盗み放題だし、見つかってもすぐに逃げられるぞ」

その2時間後、男が寝入るのを待ってから、ドロンはそっと室内へ忍び込んだ。もちろん空飛ぶ薬を盗み出すためだ。

古びた掘っ建て小屋だからかセキュリティも甘く、あっけないほど簡単に薬を盗み出した彼は、意気揚々と掘っ立て小屋を後にする。

この頃には腹が減ってることなどまったく気にもならなかった。

しばらく歩いて自宅に帰り着いた彼は、薬を使ってできる悪事をあれこれ思い悩んだ挙句、ケチな泥棒ではなく銀行強盗をしようと思いつく。

たとえ警官に追われたとしても、空を飛んで逃げればいいだけなのだから、見つかるのも全く怖くない。

そうと決まれば善は急げだ。その翌日には薬を懐に忍ばせ、ドロンは銀行にいた。

「動くな!金を出せ」

女子行員にナイフを突きつける。本来であればこんな大それたことができる彼ではない。

でも今は空飛ぶ薬があるのだ。いざとなったら空へ逃げればいい、そう思うと彼は大胆になった。

そんなドロンの落ち着いた言動が功を成したのか、女子行員は青ざめた顔で素直に札束を彼に差し出す。

10分後、大量の札束を抱えた彼が銀行を出た直後、サイレンを鳴らしたパトカーが近づいてきた。

「ちっ、やっぱり誰かが通報してやがったか。まあいい」

そう言って彼は懐から例の薬を取り出し、走って逃げながら自分に振りかけた。すぐに体が宙に浮き始める。

「うひゃー、本当に飛んでるぞ!」

見下ろすと追っ手の警官たちがぽかんと空を見上げている。

「捕まえられるものなら捕まえてみろ」

ドロンは警官たちに毒づいて、勝ち誇るように笑った。

みるみる小さくなっていく警官の姿を眺めながら、ドロンにふと疑問が湧く。

「ん?どうやって地上に降りればいいんだ?」

そう思っている間にも、彼の体はどんどん上昇していく。

「おい、止まれ!止まるんだ、コラッ」

しかしいくら叫んでも全く止まる気配がないどころか、少しずつ呼吸が苦しくなってくる。

「く、苦しい。酸素が……」

何とかしようとバタバタもがいていると、今度は体が熱くなってきた。

「熱い、助けてくれー」

だがその声は地上に届くことはなかった。

やがて彼の身体は大気圏に突入し、静かに燃え尽きた。

その頃『ミラクル研究所』の男は薬が盗まれたことに気づいたところだった。

「な、ないっ。重力のなくなる薬が盗まれた!」

空飛ぶ薬だというのはドロンの勘違い、どうやら本当は重力がなくなる薬だったらしい。

(了)

小説投稿サイト『カクヨム』『ノベルアップ+』にも公開中!

星夜 行(ほしや こう)というペンネームで書いてます。

読んでいただけたら嬉しいです!

カクヨム ショートショートの惑星

ノベルアップ+ ショートショートの惑星

ABOUT ME
anpo39
年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦)
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です