自作ショートショート

【自作ショートショート No.47】『天使になりたい』

あるところに、一人の悪魔がいた。

この悪魔は正真正銘生まれながらの悪魔であり、これまで何百年間も、悪魔らしく生き、悪魔らしく働いてきた。

悪魔の仕事と言えば、もちろん人間の世界に紛れて悪さをすることだ。

人間が急いで探しものをしている時に、それをすっかり隠してしまったり、大切な用事がある時に限って自動車の車がパンクしいていたりと、人間が困りはてて、「よりによってどうして今なんだ!」と叫びたくなるような出来事は、そのほとんどが悪魔の仕業である。

彼らは人間の負の感情、つまり、悲しみ、怒り、憎しみ、などを集めることが仕事なのだ。

だが、生まれながらの悪魔といえ、数百年も同じ暮らしをしていると、悪魔であることが嫌になってくるらしい。

「はぁ、俺もあんな風に、人間から感謝されたいものだぜ……」

一人の悪魔はそう言うと、軽やかに羽ばたく天使たちを、うらやましそうに眺めていた。

天使たちは人間の抱える負の感情に寄り添ったり、人間が喜ぶことをしたりと、悪魔たちとはまるで正反対の暮らしを送っていた。

人間を困らせることに飽き飽きした悪魔は、いつしか、自分も天使になりたいと考えるようになっていた。

そこでその願いを叶えてもらうべく、神様に伝えることにした。

「なぁ神様よ、俺を天使にしてくれないか?」

「なに、天使じゃと?お前は悪魔だろうが。天使になりたい悪魔なんてはじめてきいたぞい」

「いいじゃねぇか。あんたの力なら、悪魔を天使にすることなんて簡単だろう?なぁ、頼むよ」

「頼むと言われてものう……」

神様は長く伸びた白いあごひげをさすりながら、少しの間何かを考えていた。

「そうじゃな。お前が本気で天使になりたいというのなら、ひとつ条件がある。これから一か月間の間に、人間を幸せにする善い行いを、百個するのじゃ。お前の心根が天使になるのに相応しいと判断したら、お前の願いを叶えてやろう」

「善い行いを百個か。大変そうだが、良いぜ。俺が本気だってのを、見せてやる」

こうしてこの悪魔は、せっせと人間を喜ばせていった。

初めこそ何をすれば喜ばれるのかが分からなかったものの、今や憧れの存在である天使たちの仕事ぶりをよく観察することで、次第にコツをつかんでいったのだった。

「ほう、天使たちは人間に寄り添って、その言葉に耳を傾けているようだな。へっ、なんだい、こんなの簡単じゃねぇか。人間と話をして、直接願いを聞けば間違いないぜ」

それから悪魔は、人間の前に姿を現し、驚く様子をよそに願いを聞きだしては、叶えていった。

「おう、明日は結婚式だから、晴れにしてくれって?お安い御用だ。雨雲を遠ざけてやろう」

「なんだ、お前の商店の売り上げを、もっと上げたいだって?よし、道路をつなぎ替えて、客足が増えるようにしてやろう」

「ふむふむ、子どもを難関校に合格させたいのか。そんなの簡単だ。ちゃちゃっと成績をイジってやろう」

悪魔はそんな調子で、次々と人間の願いを叶えていき、ついに約束の百個を達成した。

そして意気揚々と、神様のもとへと向かった。

「神様、約束した通り、善い行いを百個してきたぜ!さぁ、さっさと俺を天使にしてくれ」

嬉々とした声の悪魔に対して、神様はひとつため息をつき、静かに口を開いた。

「……残念じゃが、それはできん」

「なんだって!?約束が違うじゃねぇか!どういうことだよ!」

「悪魔よ、わしがお前に課した条件は何じゃった?」

「人間が幸せになる善い行いを百個、だろ?だから俺は人間たちの願いを聞いて……」

「そう、わしはお前に、『人間が幸せになる』行いをするように言ったのじゃ」

「それなら……」

「これを見てみろ。お前が願いを叶えた人間たちの、周囲の者たちじゃ」

「周囲?」

「お前がある人間の願いを聞いて天気を変えたことで、予報外れの大雨に晴れの日を邪魔された他の人間がおる。お前がある人間の商店を繁盛させようと道路をつなぎ替えたことで、隣町の他の商店からは客足が遠のき、一家は路頭に迷ってしまった」

「……。」

「そして、お前が成績に細工をしてある人間を高校に合格させたことで、本来合格するはずだった人間が不合格となってしまった。不合格になった人間は、幼いころから女手ひとつで育ててくれた母親に恩返しをするためにと、努力に努力を重ねてやっと合格できるはずだったんじゃ。母親は病の床に伏しており、経済的な余裕はない。志望校以外の学校に通えるはずもなく、将来を悲観したその人間は、母親と一緒に……」

「うそだ、俺は、人間を幸せにするために……」

「わしは、ある特定の人間だけを幸せにしろと言ったのではない。すべての人間のことを考えて、気持ちに寄り添い、その中で善い行いしろと言ったのだ。お前はそれが分かっておらん。だから、お前は悪魔なんじゃ」

悪魔は頭を抱えながら、自ら命を絶った若者と母親が、抱き合って倒れている光景を眺めていた。

(了)

小説投稿サイト『カクヨム』『ノベルアップ+』にも公開中!

星夜 行(ほしや こう)というペンネームで書いてます。

読んでいただけたら嬉しいです!

カクヨム ショートショートの惑星

ノベルアップ+ ショートショートの惑星

ABOUT ME
anpo39
年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦)
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です