自作ショートショート

【自作ショートショート No.46】『ロボット介護士』

高齢化が進む時代。

若者が減った代わりに増えたものがある。

それはロボットだ。

ロボットはさまざまな分野で活躍するようになり、人類を労働から開放した。

それは介護士業界でも同じことが言えた。

介護士業界の仕事は、すべてロボットが担うようになっていたのだ。

それではとある事例を見ていこう。

これは介護ロボットとS氏の日々を記録したものだ。

「昔は俺が老人の介護をしてたんだ。それが逆に介護される立場になるとはなぁ」

「誰もが老いてしまうものですよ」

介護ロボットの言葉に、S氏は力なく笑う。

S氏は体調不良が原因で、長いこと続けていた仕事を辞め、介護ロボットと余生を過ごすことにした。

介護ロボットは老いたS氏のために、勤勉に働いている。

しかし、S氏はかつてのように元気よく働きたいと、時々癇癪を起こすことがあった。

「邪魔だ! 車椅子なんていらん!」

「しかし、あなた様の足はもう……」

「うるさい! 私を働かせろ! 私はまだ仕事ができるんだぁーーー!」

「あなた様……」

介護ロボットが優しくS氏を抱きしめる。

するとS氏の瞳からぽろりと粒がこぼれた。

「私には仕事しかないんだ。それを奪われたら、どう生きればいい? 頼む、教えてくれ……」

「それを私に教えることはできません」

「……だよな」

「ですが、答えを一緒に探すことはできます」

介護ロボットから飛び出した予想外の言葉。

それにS氏は目を見開いて驚いた。

「そうか、一緒に探してくれるか」

「はい、もちろんです」

「では、一緒に旅へ出よう。青臭い言葉だが、自分探しの旅というやつだ」

「かしこまりました」

こうして、S氏は介護ロボットと共に旅を始めた。

S氏の旅はとても静かなものだった。

人混みを避け、できるかぎり静かな土地をめぐっていく。

自然の中で高級ボトルを開けて飲むのが、S氏の楽しみになっていた。

とある村では、幼い子どもがロボットとともに遊んでいる光景を目にする。

「懐かしいな、私も昔はあんなことをよくしたものだ」

「ロボットが使われるようになって、もう長いですからね」

「そりゃ私も老いるわけだ」

S氏は少し寂しそうに、そうつぶやいた。

旅を続ける中でも、S氏は癇癪を起こすことが度々あった。

それでも介護ロボットは不満ひとつもらさず仕事を続ける。

「すまない、どうしても自分が抑えられない時があるんだ」

「それだけあなた様が働き者だったという証です。恥じるものではありません」

「私は働き者じゃないさ。働き者という言葉は、君にふさわしい」

「ありがとうございます」

癇癪を起こし暴れたあと、介護ロボットと仲直りをする時間。

この時が、S氏にはとても大切なもののように思えた。

とある湖の湖畔のホテル。

そこについて、S氏に異変が起きた。

S氏の体はついに、旅を続けることすらできなくなったのだ。

「どうしますか、元の家へ帰りますか?」

「寿命を迎えるなら、この湖で迎えたい。ダメか?」

「かしこまりました」

介護ロボットはすぐさま湖が見える土地にある、屋敷を購入した。

そこで介護ロボットは、S氏との最後の日々を過ごす。

冬のある日、ついにS氏が寿命を迎える。

「おまえのおかげでいい老後を過ごせたよ。ありがとう」

そう穏やかにつぶやくと、S氏はそのまま眠ったように動かなくなる。

S氏が息を引き取ったことを確認すると、介護ロボットはこうつぶやいた。

「再起動不可能。労働者型ロボットSの故障を確認します」

そうつぶやいた後、介護ロボットもまた動かなくなる。

そこへ搬送用のロボットカーが現れると、S氏と介護ロボットを連れて行ってしまった。

二人がどこへ連れて行かれたのかは、誰も知らない。

高齢化と共にロボットが増えすぎた時代。

旧式ロボットの介護もまた、ロボットが担当していたのだ。

(了)

小説投稿サイト『カクヨム』『ノベルアップ+』にも公開中!

星夜 行(ほしや こう)というペンネームで書いてます。

読んでいただけたら嬉しいです!

カクヨム ショートショートの惑星

ノベルアップ+ ショートショートの惑星

ABOUT ME
anpo39
年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦)
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。