自作ショートショート

【自作ショートショート No.20】『願いの代償』

ある男が魔神の出てくるランプを見つけた。

男が早速ランプを擦ると、モクモクと煙が立ち上って魔人が飛び出してきた。

「お前の願いを叶えてやろう」

出て来た魔人は男に向かってそう言った。

「叶えられる願いはいくつだ?」

「いくつでも構わない」

男は魔人の答えに驚いた。

「本当にいくつでもいいのか?」

こう言う場合、叶えられる願いは1つか、3つあれば御の字だからだ。

それなのにまさか、いくつでも構わないと言われるなんて。

信じられなかった男は、今一度魔人に向かって問いかけた。魔人はすぐに頷いた。

「ああ、構わない。時間さえくれれば何でも用意しよう」

だが、男はまだ疑っていた。

きっと何か落とし穴があるに違いないと思い、色々と問い詰めることにした。

「例えば、叶えた後に命を奪われるとか?」

「そんなことはしない」

「例えば、大金を支払わなければならないとか?」

「そんなこともしない」

魔人は首を振った。そして、とても訝しげな顔をして男を見たのだ。

今度は魔人が質問をする番だった。

「お前はランプの魔人の話を聞いたことはないのか?」

「ある」

「その魔人は願いを叶えた代償に、命を奪ったり大金を要求したりしたのか?」

男は首を横に振った。

「いや、何も要求はしなかった」

「ならばどうしてそんなことを聞く?」

「それはあくまで言い伝えや空想の話だ。果たして、現実にそんな都合のいい話があるのか?」

「お前は随分と慎重な男だな。だが、こんなことをしていてはいつまで経っても願いは叶わないぞ?」

確かに魔人の言うとおりであった。

色々なこと聞いたところで、それが真実かどうかは実際に試してみる他はない。

「ならば試しにひとつ、簡単な願いを言ってみよう」

仮に物を要求されるとしても、金を要求されるとしても、小さい願いならばその代償も小さいはずだ。男はそう考えた。

「では、食パンを出してくれ」

「そんな物でいいのか?」

「うむ」

「では少し時間を貰う」

魔人はそう言って姿を消した。そして男が退屈だと思うよりも早くに戻って来た。

「食パンだ」

そう言って差し出されたのは、確かに食パンであった。

「では先に食べてくれ。毒が入っていないとも限らない」

「本当に慎重だな。慎重過ぎて、大事なことを見落としそうな程だ」

「私は何も見落とさない。さぁ、食べてみてくれ」

「分かった」

魔人は自らが持ってきた食パンを躊躇なく食べた。男はじっと見ていたが、その姿に違和感はなかった。

そして、食パンを食べた後の魔人は変化なくそこに立っているだけだった。

「残りはお前のものだ」

「受け取ろう」

男は魔人から食パンを受け取った。それからしばらく、当たりを見回したり、自分の体を触ったりして何かおかしなことがないか確かめた。しかし、何も起こることはなかった。

「どうやら本当のようだ」

男はここで、魔人の言っていることが本当なのだと信じた。

「では、次の願いは何にする?」

「そうだなぁ。やはりまずは、お金だ。一生、食べるのに困らない程のお金を用意してくれ」

「分かった。では、少し時間を貰う」

魔人はまたしてもそう言って消えていった。食パンをとは違い大金ともなると、それなりに時間が掛かるかもしれない。

男はそんな風に思ったが、魔人は先程とさほど変わらない時間で戻ってきた。

「これだけあれば、一生食べるには困らないだろう」

魔人は両手いっぱいに何かを抱えていた。それは眩しい程に光り輝く、金塊であった。

「何と凄い。これだけあれば、食べるに困らないどころか一生遊んで暮らせるぞ」

「全てお前のものだ」

「ありがたく受け取ろう」

男は金塊を受け取った。もはや、何の躊躇もなかった。

「次の願いはどうする?」

「次は家が欲しい。とても豪華な家だ」

「分かった、時間を貰う」

魔人が消える。流石に、家を建てるとなると物を持ってくることは訳が違う。

そこそこの時間が掛かるだろうかと思った男であったが、魔人は男がそんなことを考えている間に戻って来た。

「これが家の鍵、そしてその家の写真だ。お前のものだ」

「受け取ろう」

魔人が差し出した写真には、まるで王様が住む城のような家が写っていた。男はすぐにそれを受け取った。

お金もある、家もある、今後の人生は何不自由なく暮らしていける。

しかも、この魔人がいれはまこれからも望むものは何でも手に入る。

男はこれ以上ない程に歓喜していた。

「では、次に要求する願いだが…」

「もう願いは叶えられない」

男がすぐさま次の願いを言おうしたところで、魔人が言葉を遮った。

「願いはいくつでも構わないと言ったではないか!騙したのか?」

「誰が騙すものか。願いはいくつでも叶えられる」

「ならばどうして、叶えられないのだ!」

男は怒り、声を荒げた。

しかし魔人は至極冷静に、こう述べたのだ。

「だが、お前にはもう時間がない」

男は首を傾げた。

「どういうことだ?」

「私は最初に言った筈だ。願いを叶える為に時間を貰う、と」

確かに魔人はそう言っていた。

そして、願いを叶える度に「時間を貰う」と言い、どこかへ消えていった。だが魔人は、すぐに戻って来た。

それを思い出して、男はハッとした。

「それは、お前の時間を貰うということだ」

「そ、そんな……」

男は途端に真っ青になった。

「お前は慎重すぎて、大事なことを見落としていたな」

魔人はそう言うと、とても嬉しそうな顔をした。

男にはもう、願いを叶える程の時間がなくなってしまった。それはつまり……。

「なんてことだ」

男はその言葉を最後に、息絶えた。

(了)

小説投稿サイト『カクヨム』『ノベルアップ+』にも公開中!

星夜 行(ほしや こう)というペンネームで書いてます。

読んでいただけたら嬉しいです!

カクヨム ショートショートの惑星

ノベルアップ+ ショートショートの惑星

ABOUT ME
anpo39
年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦)
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です