自作ショートショート

【自作ショートショート No.17】『路地裏のレストラン』

「なぁ、知ってるか?路地裏のレストランの話」

大柄で太めの男が、半分ほどになったタバコをふかしながら言った。

その正面では、小柄な男が、目を細めながらタバコに火をつけている。

「路地裏のレストラン?なんだよそれ」

「繁華街の北側にある路地裏に、いつからかレストランがあるんだってさ」

「いつからかって、最近できたってことか?」

大柄な男はにやりと笑い、小柄な男の問いに答えた。

「それが、繁華街で働く人たちも、いつできたか知らないらしいんだよ」

「なんだそれ。そんなことあるか?」

「それにな、そのレストランに入ったことある人は、誰もいないんだと。気にならないか?」

「誰も入ったことないって、マズいってことか?それとも外観がボロボロとか?」

「いや、それがな、外観はキレイだし、店の前を通ると、今まで嗅いだことがないようないい匂いがするんだよ」

「そんな店なのに、なんで客が入らないんだ?」

「だから気になるんじゃないか。きっと何かワケがあるんだよ。この前近くを通りかかった時は都合が悪かったんだが、今度行ってみたいなぁ。お前も一緒にどうだ?」

目を閉じて舌なめずりをする太めの男をよそに、小柄な男は怪訝な表情でタバコをふかした。

「うーん。なんだか不気味だな……」

数日後。

もうすぐ日付が変わりそうだというのに、週末の繁華街はとてもにぎやかだった。

どこも大繁盛といった様子で、満員で客が入れない店も少なくなかった。

「くそう。小腹が減ったのに、入れる店がないじゃないか!」

小柄な男はそう文句をこぼしながら、繁華街を南から北へと、千鳥足で歩いていた。

「うーむ、これはもう諦めてコンビニにでも寄るか、しかしなぁ。ん?」

男は急に顔を上げ、ぶつぶつとつぶやくのをやめた。そして鼻をひくひくと動かしている。

「なんていい匂いだ!こっちか?」

男は匂いに導かれるように、繁華街のはずれにある路地裏へと歩いて行った。

「いったいどこの店なんだ?こんなに美味しそうな匂いは嗅いだことがない!」

男が人気のない細道を奥へ奥へと進んでいくと、突然目の前が開け、あたたかなオレンジ色の照明に照らされた、石造りの建物が現れた。

「これはもしや、この間あいつが言っていたレストランか?」

男は、同僚が舌なめずりをしていた様子を思い出していた。

話を聞いていると不気味に感じていたが、なんとも食欲をそそられる香りにつられ、男は扉に手をかけた。

扉が開くと、中は重厚感のある木製の家具で統一された、落ち着きのあるレストランだった。

「いらっしゃいませ。一名様でしょうか?」

店の奥にあるキッチンから、低くて優し気な、男の声が聞こえてきた。

「あー、すみません、まだやってますか?」

「ええ、大丈夫ですよ。どうぞ、お好きな席に」

声に促されるまま、小柄な男は扉から一番近い席に腰を下ろした。

しばらくすると、キッチンから中年の小太りなシェフが顔を出して言った。

「どうも、いらっしゃいませ。今日は肉料理がおすすめですよ。新鮮な肉が手に入りましてね」

「これは肉料理の匂いだったのか。しかし、こんな時間に食べては胃がもたれそうだが」

「ご安心ください。無駄な脂身をそぎ落としていますので、あっさりとお召し上がりいただけますよ」

「そうか、それでは、そのおすすめをいただこうか」

「はい、ありがとうございます」

少しすると、こんがりと焼かれた肉が乗った白い皿が、テーブルに運ばれてきた。

「おまたせいたしました。こちらのソースをつけてお召し上がりください」

「おお、これはうまそうだ!さっそくいただこう」

小柄な男はナイフとフォークで分厚い肉を切り分け、鮮やかな赤色のソースにつけて口へと運んだ。

「う、うまい!こんなにうまい肉、食べたことがない!」

男はそう言うと、間髪入れずに二口、三口と、次々に肉を口へと放りこんだ。

大きな肉の塊は、ものの数分で跡形もなく消えていた。

「とてもおいしかったよ!歯で噛まなくてもいいくらい柔らかいのに、脂の重さを感じない。今までに食べた肉料理の中で、ダントツだよ」

「そう言っていただけると、光栄です。手間暇かけて作った甲斐があるというものです」

「しかし、こんなに美味い料理を出すのに、なんだって客が入っていないんだ?こんな店こそ大繁盛するべきじゃないか」

「そこまで言っていただけるとは、ありがたいことです。実は、料理に集中していただくために、お客様が一組入店されると、入口のカギを閉めてしまうんですよ。ですから、一度に何組ものお客様をお招きすることができないのです」

「ほう、そんなこだわりがあるのか。それなら仕方がないか。ところで、今日の料理は何の肉を使っているんだ?」

「はい、つい二時間ほど前まで、そちらの席に座っていらっしゃいました。大柄なので肉がたくさん取れると思ったのですが、脂身が多すぎましてね。そぎ落とすのに苦労しましたよ」

「おや、もう薬が効いてしまいましたか。もう少しこだわりを聞いていただきたかったのですが……。あなたは少し硬そうなので、じっくり煮込んでシチューにしましょうかね……。」

にこやかに笑うシェフのエプロンは、鮮やかな赤色に染まっていた。

(了)

 

小説投稿サイト『カクヨム』『ノベルアップ+』にも公開中!

星夜 行(ほしや こう)というペンネームで書いてます。

読んでいただけたら嬉しいです!

カクヨム ショートショートの惑星

ノベルアップ+ ショートショートの惑星

ABOUT ME
anpo39
年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦)
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です