自作ショートショート

【自作ショートショート No.13】『死神の存在』

そのバーは、歓楽街の中心から、歩いて十五分ほどのところにあった。

ほどほどに薄暗く、心地いい音量のジャズをビージーエムに、二人の男が酒を酌み交わしている。

どうやら二人は旧知の仲らしく、久々に再開した、といった様子だった。

思い出話に花が咲くにつれて、重厚なロックグラスに、新しいウイスキーが注がれては、消えていく。

一通りの会話が済んだあと、沈黙を嫌うように、灰色の服を着た男が口を開いた。

「なぁ、キミは死神の存在を信じるかい?」

これまでの会話とは脈絡もない、とっぴな話題に、赤い服の男は目を見開いた。

「死神だって?どうしたんだ、いきなり」

「いや、ふと気になっただけさ。キミはたしか、学生のころに死神や悪魔についての本を熱心に読んでいただろう?だから、今でも死神の存在を信じているのかな?と思ったんだ」

「そういうことか。たしかに、そんな本をよく読んではいたが……。あの本は、単に読みものとして面白いから読んでいただけだよ」

灰色の服の男は、少しがっかりしたような、納得がいったような様子で、グラスをかたむけた。

「なんだ、そうだったのか」

「それに、死神なんて非科学的なもの、存在するはずがないじゃないか」

赤い服の男がそう言い放った瞬間、灰色の服の男はグラスをカウンターに打ちつけながら声を荒げた。

「なんだって?その言葉は、聞き捨てならないぞ!」

「おい、どうしたんだよ!急に熱くなって」

「死神は存在しているんだ。今は目に見えなくても、死期が迫ると見えるようになるんだぞ。実際に死神が見えると言ってからすぐに死んだ年寄りも、たくさんいるんだ。」

早口でまくしたてる古い友人に対して、赤い服の男は、先ほどまでとはまるで違う、呆れたような、さげすんだような視線を向けた。

「ははあん、キミは死神信奉者か。まさかキミが、死神をあがめる頭のおかしいやつらの仲間だったとはな」

「頭がおかしいとはなんだ、訂正しろ!」

「訂正なんかしないさ。俺は前々から、死神信奉者のことが大嫌いだったんだ。あいつらは、なんでもかんでも死神のせいにしたがるからな。年寄りが死神を見ただなんて、単にぼけていただけだろう」

「なんだと!そんなことはない!」

「それに、人間が死ぬのは死神なんかのせいじゃないさ。生き物には、必ず死が訪れるようになってるんだからな。そこらの野良犬やドブネズミや、ミジンコの命も、死神が刈り取ってるとでもいうのかい?そうだとしたら、死神は何億人いても人手不足だろうな」

「死神を侮辱するな!」

「いくらでもしてやるさ。死神なんて、そもそも存在する価値がないのさ。それに、まがいなりにも神を名乗るだなんて、おこがましいったらありゃしない」

「もう許さないぞ!表に出ろ!」

「のぞむところだ!……ウッ……!」

椅子から勢いよく立ち上がったその瞬間、赤い服の男は苦しそうに自分の胸を押さえ、床に崩れ落ちた。

一瞬にして目は輝きを失い、口元からはあぶくがあふれ出した。

「見ろ!死神様の怒りに触れたのだ!やっぱり死神様は存在している!罰当たりめが!」

灰色の服の男は、騒然とする他の客をよそに、高笑いを止めなかった。

 

「おう、今日はもうあがりかい?ノルマは達成したんだろうな」

「ああ、これを見てみろ。人間の魂が十二個だ」

「おいおい、いつもノルマギリギリ、窓際死神のお前がどうしたってんだい。ノルマをふたつも超えてるじゃないか」

「いやな、いつも通りきっかり十個の魂を回収して、さぁ人間界から帰ろうかって時にだ、ぎゃあぎゃあ騒いでいる人間が二人いたのさ。えらく盛りあがってやがると思って、そいつらの会話をちょっと聞いてみたのさ」

「ほう、どんな会話だったんだ?」

「それがな、死神が実在するかしないかで口げんかをしていたのさ。これは面白いと思って、俺はしばらく、その人間たちの様子を見ていたんだけどな」

「死神を信じる人間と信じない人間か。面白そうだな。それで、どうなったんだ?」

「二人ともどんどんヒートアップしてきたんだが、ついに片方の男が、『死神なんて存在する価値がない』だの、『神を名乗るなんておこがましい』だの、聞くに堪えない悪口を言ってたもんでな」

「なるほどな。ついカッとして、魂を刈り取っちまったってのか」

「まぁ、そんなところだ」

「だとしたら、ひとつ分からないことがある。それだと魂は十一個のはずだろう?もうひとつはどうしたんだ?」

「ああ、これは死神を信じていた人間の魂だ」

「おいおい、そいつも何か、お前の気にさわることでも言ったってのか?」

「いや、こいつは死神の悪口なんか言っていない。むしろ、俺たち死神をあがめているようだったし、俺はそいつのことを気に入ったんだよ」

「だったらなんで」

「サービスだよ。姿を見せてやったら、さぞかし喜ぶと思ってな……」

(了)

 

小説投稿サイト『カクヨム』『ノベルアップ+』にも公開中!

星夜 行(ほしや こう)というペンネームで書いてます。

読んでいただけたら嬉しいです!

カクヨム ショートショートの惑星

ノベルアップ+ ショートショートの惑星

ABOUT ME
anpo39
年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦)
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です