野崎まど『死なない生徒殺人事件』-「死なない生徒」は、誰に、どうやって殺されたのか。

 

『死なない生徒殺人事件』というタイトルからもう引き込まれてしまいますよね。

その名の通り、死なない生徒が殺されてしまう事件を描いた作品です。

 

死なない生徒が死ぬ?どういうこと?

 

と疑問に思ってしまったら最後、もう読むしかありません。

野崎まどワールドに飛びこんで、その驚愕の真相を目にしましょう!

 

1、簡単なあらすじ(500文字程度)

 

生物教師の佐藤は、教師という仕事にやり甲斐を感じ始めた28歳の時にリストラされてしまう。

どうにか再就職した佐藤が務めることになったのは、私立藤鳳学園という幼稚園から高校まで一貫して教育をしている女子校だった。

副担任を任された佐藤は、転入生である天名がクラスに馴染めていないのを感じ、相談に乗ることにする。彼女の口から出た言葉は「永遠の命を持つ生徒」という噂話だった。

生物学の教師として「永遠の命」という矛盾した存在について話す佐藤と天名の前に、自分こそが「永遠の命を持つ生徒」だという少女・識別が現れる。

佐藤は識別の言葉を考え「永遠の命を持つ生徒」の謎に迫ろうとする。

 

しかし、永遠の命を持ち死なないはずの識別が殺される事件が起きてしまう。

犯人が捕まらないまま時間が過ぎ、意気消沈する佐藤の前に「自分は識別だ」と名乗る生徒が現れる。

殺人事件前後の記憶を持たない識別は、自分を殺した犯人探しに協力して欲しいと佐藤に頼む。

「永遠の命」と殺人事件、矛盾だらけのミステリーに佐藤は直面することになった。

天名と協力しながら事件を追う佐藤が最後に見る真実は驚きのものだったーー。

死なない生徒は、死なない。

「永遠の命を持つ生徒」という絶対にありえない存在を確立することで、殺人事件と二重のミステリーを構築する世界観が秀逸です。

普通であれば「永遠の命」の謎についてだけで一冊分になりそうなものなのに、上手く世界観に溶け込ませることで殺人事件との両立を可能にしているのが非常に面白い作品です。

殺された本人が殺人事件を捜査するというあり得ない展開も、ライトノベルの要素を上手く生かしています。

女子校で殺人事件というとハーレムものなのかと思いがちですが、そういう展開はほぼなく「永遠の命」と「殺人事件」にきちんと焦点を絞って話が進んでいきます。

ストーリーも扱いが難しいテーマなのに難解になりすぎず、読みやすいものになっているのも嬉しいですね。

キャラクターが非常に個性的で、魅力に溢れた人物ばかり!

ライトノベルの面白さを失わずに、独創的なミステリーの世界を作り上げています。

主人公が教師という設定さえ上手に話に組み込まれていますからね。

印象的だったのはこの一文。

「教育の現界は、自分の事しか教えられないこと」(P217)

ある意味、この話の中心になる言葉です。

「教える」という難しさと凄さを考えさせられる内容に、ラノベとミステリーのバランスを上手に取りながら、ストーリーをきちんと終わりまで持っていっています。

最後に謎が解けたと思った後のどんでん返しには意表を突かれることになるでしょう。

ライトノベルと侮るなかれ

ライトノベルというジャンルの確立に多大な功績がある電撃文庫さんから派生したアスキー・メディアワークスの作品。

ライトノベルと普通の文庫の違いは曖昧なところがありますが、間違いなくラノベとして面白い内容に仕上がっています。

私個人の感想としては、本格はミステリーというより、SF要素を盛り込んだ謎解きに近い気が。

ラノベらしい個性的なキャラクターたちが「永遠の命」という、これまたラノベらしいテーマに迫っていく話にぐいぐい引き込まれました。

特に主役ともいえる識別の一言が痛快。

「私はね、自分が永遠の命を持っている事を君に信じてもらう必要は全く無いんだよ」(P67)

隠しておくべき秘密が明け透けに語られます。これほど印象的な自己紹介も珍しいですよね。

特にストーリー展開が秀逸で、ラノベとしての恋愛要素をうっすらと散りばめつつ、テーマーから目をそらさずに話が進んでいきます。

最終的にはすべての伏線が繋がり、ラストでは驚愕の真実が明らかになるという、飽きる暇がない構成が凄い!

ミステリーとは正反対に思えるテーマを上手く殺人事件と絡めていく手腕がさすがの一言。

難しい2つの謎を、読者に混乱させることなく物語が進んでいきます。

読み終わった後に、続きがどうなるか気になるミステリーというのも珍しいですよね。

ただのミステリーとしてだけではなく、人間についてよく考える切っ掛けになる興味深い作品でした。

「永遠の命」の真相をその目に

殺人事件というミステリーでよく扱われる事件を「永遠の命」というもう一つの謎で、一味違う事件にしている作品です。

事件のトリックを解明するというより「永遠の命」の秘密に迫っていくうちに、殺人事件も解決してしまいます。

本格ミステリーとは言いづらい作品ですが、それ以上に設定と世界観の面白さが目を引きます!

主人公を生徒ではなく教師にすることで、学園モノに対しても新鮮さが感じられます。

設定だけみるとラノベによくあるハーレムものを想像しますが全く違うのでご安心を。

学園自体が謎の一つに組み込まれた構成は読者を知らぬ間にミステリーの中に引き込んでしまします。

登場人物もキャラクターが濃い人ばかりですが、主人公が非常に常識的な人間として描かれているので読みやすい話になっています。

ラノベも好きだけど、ミステリーも好きという方はぜひ手にとってみてください!

 

4 Comments

hitomi

これも大好きな作品です!
死なないっていうので惹かれて読みました。
あと、これは先生が主役だけど、学校が舞台ってなんか惹かれてしまう要素の一つじゃないですか?
ラノベでも完成度高いんだなー、みくびってたなって思ったきっかけかも!

ちなみに、いま、少女たちの羅針盤を読んでます(笑)

返信する
anpo39 anpo39

すでに読まれてましたか!
やっぱりタイトルで気になっちゃいますよねえ。
そうそう、学校が舞台っていうのも好きな要素の一つです。やっぱりラノベはこういう作品ができるから面白い!

あーいいですねー少女たちの羅針盤!私も好きですー(*´ェ`*)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です