【倉知淳】『片桐大三郎とXYZの悲劇』が期待以上に面白かった!

『片桐大三郎とXYZの悲劇』の感想やあらすじなどを簡単にご紹介です。

 

「倉知 淳」さんといえば、名作ミステリー小説『星降り山荘の殺人 (講談社文庫)』の著者として有名。私も大好きな作品なのです。

そんな倉知淳さんが今年9月に新刊を発売!期待以上の面白さだったので簡単にご紹介させていただきます!

どうぞ参考にしていただければ幸いです(=゚ω゚)ノ

 

『片桐大三郎とXYZの悲劇』

 

かつて大スターだった「片桐大三郎」は、聴力を失ったことをきっかけに探偵趣味へとまっしぐら。そんな彼の’’耳’’役となるのが新卒芸能プロ社員の「野々瀬乃枝(のの子)」。そんな二人が難事件に挑みます。

 

タイトルの「XYZ」の文字からお察しの通り、エラリークイーンの「X・Y・Zの悲劇、レーン最後の事件(ドルリー・レーン悲劇4部作)」に挑戦した連作ミステリー。

もうこれだけでそそられるってもんです( ^ω^ )

そしてその分期待が高まっていたのですが、もう大満足。期待以上でした!

 

表紙やあらすじを見ると、「キャラの面白さや駆け引きをメインとしたライトミステリーっぽい感じかな?」なんて印象を受けていたのですがそんなことはなく、素晴らしき本格傑作だったのです。

確かにキャラに個性がしっかりあって、あまり重たい感じにならずに読めます。しかしキャラ小説としてではなく、しっかりミステリー小説としてとても面白い!ただただ凄いです。やられました(ノ∀`)

 

ドルリー・レーン悲劇4部作は読まないとダメ?

結論から言うと読むことをオススメします。

おそらくですが、悲劇4部作を読んでいなくても楽しめると思います。でも、読んでいた方が数倍楽しめるポイントがありますし、作品の見方も変わります。

というよりは、そんなの関係なしにクイーンのドルリー・レーン悲劇4部作は読んで欲しいですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

最後に

最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

本当に面白かったので機会があればぜひお読みください!もちろんクイーンの悲劇4部作をよんでから、、( ´ ▽ ` )ノ

よろしければ気が向いたときにでも、参考にしていただければ幸いです。

それでは、良い読書ライフを!(=゚ω゚)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です