海外ミステリー小説

刑事オリヴァー&ピアシリーズ8『森の中に埋めた』- 故郷の知人が次々に殺されていく物語

深夜の森で、キャンピングトレーラーが炎上し、大爆発する事件が起きた。

駆けつけたオリヴァーが調べると、車内には男性の焼死体があり、周辺には放火の痕跡があった。

さらにキャンピングトレーラーの持ち主が、オリヴァーの元級友の母親だということが分かった。

オリヴァーとピアは事情聴取に行くが、彼女は何者かに窒息死させられてしまう。

しかも焼死体の男性はオリヴァーの元級友だと判明し、さらにオリヴァーに会いに来た司祭まで首吊りで亡くなってしまった。

次から次へと亡くなるオリヴァーの知り合いたち。

オリヴァーは、「この事件は、自分が11歳だった頃に起きた事件と関係しているのでは?」と考えるが―。

故郷での因縁やトラウマに立ち向かうオリヴァーと、それを支えるピアとを描く、シリーズ第八弾!

オリヴァーの苦悩と消耗

貴族刑事オリヴァーファンの方は必見!

今作『森の中に埋めた』はオリヴァーが主役の物語であり、彼の少年時代や味わってきた苦しみがボリュームたっぷりに描かれています。

まず序盤、オリヴァーの住む村ルッペルツハインで、知り合いが次々に不審な死に方をします。

元級友は焼死、その母親は窒息死、司祭は首吊り。

知人がこんなにも立て続けに亡くなっては、さすがのオリヴァーも不安になりますし、しかも彼には思い当たることがありました。

42年前、オリヴァーがまだ11歳だった時、親友のアルトゥールが飼っていた狐と一緒に行方不明になったのです。

オリヴァーはその日、テレビ見たさにアルトゥールを一人にしてしまったことを、今でも悔やんでいます。

そしてその事件と今回の事件には、何か関係があるかもしれないと思い至りました。

そこでピアと一緒に調べるのですが、排他的なルッペルツハインの人々は口を割らず、知らんぷりを決め込みます。

しかも過去を掘り返そうとするオリヴァーを敵視するので、捜査は暗礁に乗り上げますし、オリヴァーは消耗する一方。

とにかく中盤を過ぎるまで、オリヴァーにとって苦しい状況がずっと続きます。

特に少年時代のエピソードは辛く、血を流しても涙は流さなかったオリヴァー少年の姿に、むしろこちらが涙してしまうくらい!(泣)

しかし終盤になってから活路が開け、そこからは点でしかなかった情報が次々に繋がって線となり、隠されていた真相が一気に明らかになります。

犯人の動機も明かされ、これはあまりに自分勝手すぎて、おぞましさすら感じました。

だからこそ無事に事件解決に導いたオリヴァーとピアには、拍手!

とりわけオリヴァー、精神的にも肉体的にもダメージを受け続けながら、よく頑張りました!

プライベートでもさんざんなオリヴァー

『森の中に埋めた』では、プライベートパートもオリヴァーが中心となっています。

しかもこちらもオリヴァーにとってなかなかに過酷な展開で、まず冒頭から、7歳の娘ゾフィーに振り回されます。

夜中に叩き起こされ、「死体を見たい」と言うので事件現場に連れて行くはめになったり。

現場に行けば、今度は「火事が見たい」と言って車から降りようとし、反対すれば「トイレ!」と言い出す始末。

女性には優しいオリヴァーも、愛娘のこの傍若無人ぶりにはヘトヘト。

読者的にはクスッとしてしまう展開ですが、オリヴァー的には辛抱たまらん事態でしょう(笑)

また、元恋人のインカとの関係も良好ではなく、相手のひどい執着にオリヴァーはさらにヘトヘトに。

その上、元妻のコージマとの屋敷の相続問題も絡んできて、オリヴァーはますます追い詰められます。

このような状況で、知り合いがバタバタと死んでいく事件が起こり、しかもそれが自分の過去の罪に関係しているかもしれないのです。

これまでも様々な危機に直面してきたオリヴァーですが、今回の辛さは文句なしにトップレベルでしょう!

ピアもそれを理解して、フルスロットルで事件に立ち向かうので、最終的にはきれいに解決します。

そしてピアはエピローグで、怪我をしたオリヴァーを見舞い、ちょっとした贈り物をします。

このシーンも本書の見どころで、二人の築いてきた素敵な関係性が見えて、心が和みますよ。

ボリュームも読み応えも圧倒的!

『森の中に埋めた』は、ネレ・ノイハウスさんの「刑事オリヴァー&ピアシリーズ」第八弾です。

ボリュームは前作を大きく上回り、なんと約700ページ!

さらに登場人物も多く、巻頭の人物一覧には、60名以上もの名前が並んでいます。

あまりに長くて複雑そうなので、腰が引けてしまう方もいるかもしれませんが、ご安心を。

読み始めたが最後、魅力的なキャラクターと怒涛の展開に、どんどん引き込まれていきます。

特にオリヴァーの悲運の数々には、涙を誘われたり、ある意味メシウマだったりで(笑)、目が離せません。

テーマとしては、シリーズ三作目の『白雪姫には死んでもらう』と同じく、閉鎖的な村社会での、村ぐるみの隠蔽です。

ただ今作『森の中に埋めた』では、主人公のオリヴァー自身がその村の出身であり、当事者として事件に関わることになります。

被害者は知人で、容疑者も知人で、周り中知人だらけなので、オリヴァーとしては『白雪姫には死んでもらう』よりもはるかにやりにくかったろうと思います。

そういう意味で一層読み応えがあり、読者をハラハラさせてくれる作品と言えるのではないでしょうか。

とにかく、「この作品を読まずしてオリヴァーは語れない!」と言っても過言ではないくらい、オリヴァー尽くしの物語ですので、ファンの方は必読です。

ちなみに今作でピアは昇進するのですが、次回作ではまさに彼女が主人公となり、その過去が語られるそうです。

どのような活躍を見せてくれるのか、今から待ち遠しいですね!

刑事オリヴァー&ピアシリーズ1『悪女は自殺しない』- ドイツミステリの女王の人気に火をつけたシリーズ第一弾政界に進出すると言われていた上級検事が散弾銃を口に咥え、自らの頭を撃って死んだ。 同じ頃、展望タワーの下で、20代の若く美しい女性...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ2『死体は笑みを招く』- 動物園で起こった不可解な殺人事件を描くある動物園で、切断された左腕と左足、さらにその持ち主である遺体まで発見された。 いずれも、高校教師で環境保護活動家でもあるパウリー...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ3『深い疵』- ナチス時代からの因縁が引き起こした殺人事件に挑むアメリカ大統領の顧問を務めていたゴルトベルクが射殺された。 ゴルトベルクは、かつてホロコーストを生き残ったユダヤ人だが、捜査により...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ4『白雪姫には死んでもらう』- 村ぐるみの憎悪と陰謀に立ち向かえ!11年前に少女二人を殺害した罪を着せられたトビアスが、刑期を終えて村に戻って来た。 トビアスは「あれは冤罪だった」と主張するが、村...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ5『穢れた風』- 環境問題に隠された陰謀を暴け風力発電施設の建設会社内で、夜警をしていた男性の遺体が発見された。 遺体は螺旋階段の下にあり、事故による転落死のように見えたが、蘇...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ6『悪しき狼』- 組織ぐるみの虐待と警察の暗部を描くドイツ南部のマイン川で、溺死した少女の遺体が発見された。 司法解剖の結果、少女の体には長きにわたる虐待の痕があった上、溺死の原因が...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ7『生者と死者に告ぐ』- 不条理な裁きによる連続殺人事件クリスマスを前に華やぐ街で、老婦人が突然頭を撃ち抜かれ死亡した。 翌日には別の女性が頭部を撃たれ、その数日後には音楽教師をしている...
ABOUT ME
anpo39
年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦)
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。