海外ミステリー小説

刑事オリヴァー&ピアシリーズ5『穢れた風』- 環境問題に隠された陰謀を暴け

風力発電施設の建設会社内で、夜警をしていた男性の遺体が発見された。

遺体は螺旋階段の下にあり、事故による転落死のように見えたが、蘇生を試そうとした形跡があった上、どうやら侵入者もいた様子。

さらに社長室のデスクには、なぜかハムスターの死骸が置いてあり―。

刑事オリヴァーとピアが捜査をすると、発電所の建設に、地元住民が反発していたことがわかった。

それが殺害の動機かと思いきや、今度は反対運動の関係者が遺体で発見された。

誰もが怪しく見える、容疑者だらけのミステリー。

オリヴァーとピアは、果たして真犯人に辿り着けるのか?

大人気シリーズの第五弾!

増え続ける嘘や謎

シリーズも五作目となると、謎も人間関係もどんどん深みを増していきますね。

もともと伏線も登場人物もてんこもりな本シリーズですが、今作『穢れた風』は輪をかけてすごい!

怪しげな人物が次から次へと登場し、それぞれ言っていることが一致しない部分が多く、どこかに嘘や隠し事があるのは明白。

うまく推理していくためには、必要に応じてメモを取り、情報を整理しながら読むことをおすすめします。

『穢れた風』は、そのくらい複雑で読み応えのある本格派ミステリーです。

ストーリー展開としては、まずは風力発電関連の会社内で、夜警をしていた男性の遺体と、ハムスターの死骸が発見されます。

遺体には蘇生術の痕跡があり、監視カメラに映っていた侵入者は社長という、なんともツッコミどころの多い事件。

「なぜハムスター?なぜ蘇生?なぜ社長が侵入?」

と、読者はもちろん、捜査に駆け付けた刑事ピアも混乱します。

調べてみると、どうやらこの会社、風力発電施設の建設反対派の地域住民と揉めているらしく、さらには建設予定地の買収問題も抱えていました。

土地の所有者は買収を拒否しているのに、その息子たちがお金欲しさに買収を熱望しているのです。

他にも気候研究所やペットショップなども絡んできて、事態はどんどんややこしく。

そのため捜査は難航するのですが、ピアが奮闘することで、中盤を過ぎると一気に道が開けてきます。

数々のピースが繋がり、全ての伏線が回収されていく様子は、実に鮮やか!

しかも犯人が全くの予想外の人物なので、ミスリードの見事さにも拍手喝采したくなります。

ドン底オリヴァーとピアの奮闘

「刑事オリヴァー&ピアシリーズ」と言えば、主人公二人のプライベートなサイドストーリーも見どころのひとつ。

今作『穢れた風』では、このパートがかなりボリュームアップしているので、好きな方にはより面白く読めると思います。

しかも順風満帆ではなく、波乱万丈な展開が続くため、目が離せません!

まずオリヴァーですが、前作『白雪姫には死んでもらう』で妻コージマの不貞により別居となり、今作では両親と同居しています。

ショックのあまりヘタレモードから抜け出せず、ろくに働かないので、ハッキリ言って捜査の足手まとい。

挙句、家族まで事件に巻き込まれてしまい、ちょっと可哀想なくらいです。

と思いきや、生来の女好きが高じて、あっさりと新たな恋をスタートさせます。

あろうことか、またもや事件の関係者と!

これはもはや、オリヴァーのお家芸というかお約束というか、まぁいつものことですね(笑)

一方ピアは、ドン底状態のオリヴァーに代わって陣頭指揮を執り、リーダー的な役割を果たします。

ピアはもともとデキる女性なのですが、今回はそれが際立っていて、膨大な嘘や謎をテキパキ処理していって、とにかくカッコイイ!

そんなピアにも悩みがないわけではなく、恋人クリストフとの関係に苦しむシーンもあるのですが、それでも負けずに懸命に事件を解決します。

思い悩んで立ちすくむオリヴァーと、悩みながらも前に進み続けるピア。

対照的ですが、どちらも人間臭いという意味では同じです。

刑事というと人間離れした強いメンタルを持っているイメージですが、この二人は極めて人間的で、なんだか身近な感じがします。

そこがこのシリーズの特徴であり、人気の理由なのでしょう。

興味深くて学びもある

「刑事オリヴァー&ピアシリーズ」も、本書『穢れた風』で、いよいよ五作目!

毎回色々なテーマで攻めてくる本シリーズですが、三作目の「ナチス」、四作目の「冤罪」に続き、今作では「風力発電」。

様々な社会問題に向き合っていることが分かりますし、作者のネレ・ノイハウスさんの博識っぷりには頭が下がります。

読み手にとって毎回学びがあり、飽きさせないところも流石!

今回の学びは、なんと言ってもドイツの環境問題における意識の高さでしょう。

日本では、環境への取り組みというと良いイメージがあり、特に風力発電は、再生可能なクリーンエネルギーということで期待されています。

ところがドイツでは賛否両論のようで、少なくとも本書では、設備建設における過激な反対運動が起こっていました。

これはつまり、民衆がクリーンエネルギーの良い部分だけでなく問題点をも理解した上で、積極的に関わろうとしている証です。

反対運動が良いか悪いかはさておき(本書ではそれを隠れ蓑とした陰謀があるので)、日本ではなかなか見られない民衆の熱意には、興味深いものがあります。

このように、ミステリーを楽しむだけでなく、社会やお国柄について考えるきっかけをくれる本シリーズ。

次回作では、どのようなテーマやジャンルで我々の関心を引きつけてくれるのか、楽しみですね!

そして、オリヴァーは果たしてドン底から這い上がることができるのか、ピアとクリストフの仲はどうなるのか?

もちろんミステリーとしての魅力も、一層高まるはずです。

気になる部分や楽しみな部分が多く、ますます目が離せなくなりそうです!

刑事オリヴァー&ピアシリーズ1『悪女は自殺しない』- ドイツミステリの女王の人気に火をつけたシリーズ第一弾政界に進出すると言われていた上級検事が散弾銃を口に咥え、自らの頭を撃って死んだ。 同じ頃、展望タワーの下で、20代の若く美しい女性...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ2『死体は笑みを招く』- 動物園で起こった不可解な殺人事件を描くある動物園で、切断された左腕と左足、さらにその持ち主である遺体まで発見された。 いずれも、高校教師で環境保護活動家でもあるパウリー...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ3『深い疵』- ナチス時代からの因縁が引き起こした殺人事件に挑むアメリカ大統領の顧問を務めていたゴルトベルクが射殺された。 ゴルトベルクは、かつてホロコーストを生き残ったユダヤ人だが、捜査により...
刑事オリヴァー&ピアシリーズ4『白雪姫には死んでもらう』- 村ぐるみの憎悪と陰謀に立ち向かえ!11年前に少女二人を殺害した罪を着せられたトビアスが、刑期を終えて村に戻って来た。 トビアスは「あれは冤罪だった」と主張するが、村...
ABOUT ME
anpo39
年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦)
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。