女性用の育毛剤おすすめ人気ランキング5選【20代から50代まで幅広く使えます】

本来薄毛になってしまうのは男性なのですが、ここ最近では女性も薄毛で悩んでいるといいます。

これは基本的にホルモンが関係しており、今まで女性が薄毛になっていなかったのは、女性ホルモンがうまく働いていたからです。

しかし社会的に問題になっているストレスを抱えている人が増えてしまい、その影響でホルモンバランスが崩れていると、髪の毛が増える女性ホルモンが少なくなるんだとか…。

さらに男性の薄毛の原因である、男性ホルモンが増えて抜け毛が多くなることもあります。

もともとの原因であるストレスなどの環境が、うまく変えられたら女性は薄毛を克服できるのですが、それが難しいのなら育毛剤を使うのもひとつの方法です。

よく目にする育毛剤は男性向けに作られたものが多く、女性には合わないものもたくさんあります。

とくに男性ホルモンを減らす成分がタップリでも、あまり効果が出ない場合が多く、がっかりした人も多いでしょう。

女性にはその原因にあった育毛剤を使って、さらに生活習慣も変えられると、男性よりも薄毛を克服しやすいんです。

そこで女性の薄毛にちょうどいい成分が入った、おすすめの育毛剤を紹介させていただきます。

 

1.30代からはじめる美髪ケア習慣+【女性のための育毛剤<AYAKAMI>薬用ローズヘアケエッセンス】



もともと男性よりも女性は髪を染めるなどして、頭皮を傷ませているケースが多くみられます。

その頭皮をケアしやすい育毛剤が<AYAKAMI薬用ローズヘアエッセンス>です。

有効成分であるタマサキツヅラフジアルカロイドは、円形脱毛症でも使われる成分で、アレルギーの症状をおさえられるといいます。

アレルギー反応とは炎症を起こしてしまうので、それがおさえられる成分が入っていると、ヘアカラーやパーマなどで炎症を起こした頭皮だって健康になれるわけです。

さらに薄毛になってしまうのは、抜け毛が増えているからでしょう。

少なからず薄毛で悩んでいる女性は、男性ホルモンが多くなっている場合もあり、それをおさえられる成分だって使ってくれています。

さらに頭皮が傷むほどの施術をしていたのなら、髪の毛だって痛みがあるでしょうから、その髪の毛のケアできる成分も入っているのがこの育毛剤の特徴。

そして育毛には重要である睡眠の質をアップできるように、ローズなどのハーブの匂い成分だって入っているんです。

寝ている間は血行が良くなるだけでなく、成長ホルモンだってたくさん出ている状態なので、睡眠の質をよくするのが得策でしょう。

ちなみにホルモンバランスをよくするのも、睡眠が深く関わっているため、この育毛剤は女性にとってちょうどいい成分がたくさん入っているわけです。

だからこそ効果が高いと人気になっているのでしょう。

2.世界一使いたい女性用育毛剤【Kenomika】



女性用育毛剤【Kenomika】~ケノミカ~は育毛成分が少なくて、6種類しか使われていないのが特徴です。

もともと女性の薄毛は原因がハッキリしており、基本的に血行をよくして頭皮を健康にできていれば、自然と髪の毛が増えてくるでしょう。

そのポイントをおさえられているのが、女性用として作られたKenomika。

筋肉が少ない女性は血行が悪くなりやすいため、育毛剤では血行をよくする成分が入っていると、効果が実感しやすくなります。

もともと成分が少ないと効果が出にくいと思うでしょうが、成分表を見てみると1番前に血行がよくなるセンブリエキスが書かれているんです。つまりこの育毛剤の中では1番多くセンブリエキスが使われているのがわかります。

そして成分数が少ないということは、1つの成分がたくさん入っているのを意味しているので、血行が良くなる成分が濃厚になっているわけです。

そして頭皮の痛みを少なくできるニンジンエキスだって、タップリ入っているので、より育毛しやすくなるでしょう。

つまり運動をあまりできていない女性は、Kenomikaを使って血行をよくして、育毛に専念するために使うと効果が出やすくなりますよ!

3.地肌力で髪ボリュームアップ!プロ仕様の女性用育毛剤【髪萌育毛エッセンス HATSUMOE】



【髪萌 育毛エッセンス HATSUMOE】はほとんどが天然成分で作られた育毛剤であり、傷みやすい女性の頭皮のことを考えられています。

もちろんただ頭皮が傷みにくいだけでなく、薄毛の女性の大半が血行を悪くするという原因がおさえられているんです。

天然成分で血行をよくするのは、よく育毛剤でも目にするセンブリエキスとニンジンエキス。このふたつの成分で頭皮をいたわりつつ、血行をよくして髪の毛を増やす働きをアップさせます。

そしてカラーなどの施術によって痛めてしまった頭皮を、それ以外の成分でケアするように作られているんです。

女性の薄毛はほぼ原因が決まっており、血行が悪い状態であるか、頭皮の状態が悪くなっているか…。これらの原因をしっかり考えられて作ったものが、この育毛剤になります。

頭皮が傷んでしまって薄毛になっているのなら、育毛剤だって刺激が少ない天然成分を使うのが、正しい育毛ケアの方法です。

4.170万本の実績から生まれた女性のための無添加育毛剤【Befolia(ビフォリア)】



本来女性が薄毛にならないものですが、逆に薄毛になるのはホルモンの関係が大きいでしょう。

とくに頭皮に痛みがなく、運動もこまめにやっているのに、解消されない場合はとくにこの原因が濃厚です。

そこで髪の毛を増やすポイントとなる、女性ホルモンの働きの手助けをする成分がタップリ入ったビフォリアを使いましょう。

有効成分の多くは女性ホルモンと同じ働きをするものばかりで、育毛剤でホルモンバランスを整えられるように作られています。

もちろん頭皮の状態が悪くならないように、すべての成分を天然成分にしており、敏感肌であっても安心です。そして頭皮のダメージを守るために、保湿成分だってタップリで、女性の薄毛から守ってくれるものばかりでしょう。

さらに他の育毛剤では少ない特徴もあり、上記で紹介した成分は、すべて超微粒子化させているんです。

つまりちょっとした毛穴からでも、浸透がしやすくなるように、成分そのものを小さくしています。

だからこそ効果が高くでるので自信があるのか、効果が出ないと思えば、30日間以内なら返金保証だってしてもらえるとのこと。商品に相当な自信があることが伺えますね。

5.220万本突破!リピート93%発毛促進剤「薬用グローリン・ギガ」



上記でも紹介したように、それぞれすごい効果があっても、その育毛剤を毎日続けないと効果はありません。

ところが薬用グローリン・ギガは、続けやすくするために、料金が安くおさえられる仕組みを使っています。

定価ならそれなりの価格になりますが、定期的に使うと注文すれば、なんと1か月2,000円以内に抑えられるんです。これぐらいの出費なら、とくに痛手にならず、育毛剤を使い続けられるでしょう。

もちろん中に入っている成分にも工夫がされており、よく目にするセンブリエキスで血行をよくし、グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を沈められます。よく目にするのは効果があると、どこのメーカーも認めているからこそ。

そしてその素材そのものは価格が安いわけですから、薬用グローリン・ギガ自体の価格だって少なくていいわけですね。

かなりコストパフォーマンスの良い育毛剤と言えるでしょう。

まとめ

女性用の育毛剤は世間一般的に出回りつつありますが、間違って男性用のものには積極的に手を出すのはやめましょう。

男性ホルモンを少なくする成分がたくさん入っており、女性の薄毛の原因と大きく違っているからです。

そして女性用の育毛剤の中でも、それぞれ特徴が違っており、自分の原因にあったものを使うともっと効果が出やすくなるでしょう。

そもそも女性は筋肉が少ないのもあって、血行が良くありません。それを補助する成分や女性ホルモンに関する成分が入っているものなど、基本的にはどちらかが無難です。

そして施術などで頭皮を痛めているなら、炎症を沈める成分がタップリ入ったものを使ってみくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です