周木律『堂シリーズ』の読む順番とあらすじ感想【館好き必見】

 

『堂シリーズ』の1番の魅力はトリックでしょうか、キャラクターでしょうか。

私は「建物」そのものだと思います。

実際にはこんな建造物はありえない。

現実にはありえないからこそ、作品の中に登場する館に興奮し、図面を見てワクワクするのです。

シリーズ一作目の『眼球堂の殺人』のあとがきで、周木律さんは次のように述べています。

だが、ひとつだけ自信を持って言えるのは、この建物はきっと、読者をわくわくさせられるだろうということだ。

こんな建物はあり得ない、だが、あり得ない建物で起きるあり得ない事件だからこそ、きっと読み手の心も躍るに違いないということである。

『眼球堂の殺人』あとがき P.544より引用

まさにその通り。

あり得ない建物で起きるあり得ない事件に、私たちの心は踊るのです。

 

※『堂シリーズ』は絶対に順番に読まなくてはいけませんので、ぜひ参考にしてください。

 

1.『眼球堂の殺人 ~The Book~』

天才建築学者・驫木煬(とどろきよう)から謎の招待状を受け取った天才数学者・十和田は、ルポライターの藍子と共に「眼球堂」に向かう。

そこに集まったのは、世界を代表するような物理学者や芸術家、大物政治家などなど各界の天才たちばかり。

そんな中で殺人事件が起きることになります。

・招待状によって奇妙な館に集められた天才たち

・そして起きる奇怪な殺人事件

・外には出られない、電話も通じない、完全なクローズドサークル

最高の舞台です。

森博嗣さんが【懐かしく思い出した。本格ミステリィの潔さを。】と帯にコメントしているように、どこか懐かしい本格ミステリのお手本のような作品です。

結局、こういう王道が好き。ロマンですよ、ロマン。

館モノが好きならまず手にとってみてください。

 

関連記事:これぞ本格!周木律『眼球堂の殺人』は館モノ好きなら必読の作品です

2.『双孔堂の殺人 ~Double Torus~』

十和田は、初対面の俺に向かって、自信満々に、しかしとんでもないことを言ってのけた。

「犯人は僕だ。そうでしかありえないんだ」

『双孔堂の殺人』 P.26より引用

というように、前作『眼球堂の殺人』で見事な推理を見せた今シリーズの探偵役・十和田が犯人だという衝撃の冒頭。

しかも自分が犯人だと認めていて、警察に連れて行かれてしまった。

そして事件が終わった後、警視庁に努める宮司司(ぐうじつかさ)が事件に関わった人物に話を聞いたり館内を調べたりして、真実を突き止めていきます。

謎の人物が建てた奇妙な館で殺人事件が起きる、というのは綾辻行人さんの「館シリーズ」、「建築&理系」の要素を前面に押し出しているこの作風は、森博嗣さんの「S&Mシリーズ」の影響をモロに受けているでしょう。

賛否あるようですが、私は「館シリーズ」や「S&Mシリーズ」の影響をモロに受け継いでいるこの作風が大好きなんです。

この懐かしさが良いんです。

というわけでシリーズ2作目も結局おすすめ。

 

関連記事:堂シリーズ第2弾!周木律『双孔堂の殺人』はどこまでも新本格な館モノでした

3.『五覚堂の殺人 ~Burning Ship~』

今作では探偵役の十和田は、五覚堂の監視カメラに映った事件の映像を見て事件を解決する、という形式をとっています。

つまり殺人事件が終わった後に、カメラ映像を見て推理するって事ですね。

しかもその五覚堂の中で見せられているのです。この構成が今作の面白いポイント。

思いっきり力技なトリックも大好きです。これだけぶっ飛んだトリックを目にできるのも堂シリーズの醍醐味ですね。

また今作には図解がこれまで以上に挿入されており、舞台の分かりやすさが増すと共にワクワク度も急上昇。

この作品まで読んでしまえば、もう堂シリーズの虜。

今後シリーズがどう進んでいくのか、楽しみで仕方なくなってきます。

 

関連記事:堂シリーズ3弾『五覚堂の殺人』発売。「回転」する館で密室殺人は起こる

4.『伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~』

かつて宗教団体の施設だった孤島の館に招待された天才たち。しかも電話はないし、船もこない。

という見事なまでに本格ミステリな舞台設定ですが、さすが堂シリーズ。もう普通の推理小説ではなくなってきています。

帯に【堂シリーズはついにここまできたか】と書いてありましたが、まさにその通りだと思いました。

毎回とんでもないトリック使ってくる堂シリーズですので、ある程度は覚悟していたのですが、予想を超えてきました。これだけ破天荒な大仕掛けは滅多にお目にすることができません。

そんなトリックうまくいくわけないだろう!って感じですが、このくらいのバカミスが大好物なので私は絶賛します。

そしてラストのまさかの展開。「え、堂シリーズこの先どうなっちゃうの?」と心配になってしまうくらいの衝撃が待っています。

良い意味でワクワクが止まりません。

 

関連記事:堂シリーズ第4弾『伽藍堂の殺人』のトンデモトリックが予想の斜め上をいく凄さでした

5.『教会堂の殺人 ~Game Theory~』

シリーズ4作目で「まさかの展開」を迎えましたが、今作でも「まさかの展開」を迎えることになります。

これまでのシリーズを読んできたファンなら、あの展開に思わず絶句してしまうでしょう。

周木律さんやりやがったな!という感じです。

 

さて、この教会堂も魅力的な館ですが、今作では館が殺しにかかってきます。

館に罠が仕掛けてあって、訪れる人が次々に犠牲になっていくのです。

まさにタイトル通りの「教会堂の殺人」って訳ですね。

なので今作は推理小説ではなくなっていて、あくまで『堂シリーズ』の機転として楽しむ作品になっています。

推理小説として読もうとしてはいけませんが、『堂シリーズ』としてはかなり面白く、実際かなりの衝撃を受けました。

この先シリーズがどうなっていくのか気になって仕方なくなります。

 

しかしまあ、あんな展開になってしまうとは……。

関連記事:『教会堂の殺人』-堂シリーズ第五弾は「罠」に溢れた仕掛けだらけの殺人ゲーム

おわりに

というわけで、周木律さんの『堂シリーズ』の読む順番とあらすじ、感想などでした。

館ミステリが好き、とにかく館の見取り図を見るとワクワクする、といった「館」が好きな人は必見です。

 

最初にも述べましたが、この『堂シリーズ』は順番に読まないとわけがわからなくなっちゃいますので、必ず一作目『眼球堂の殺人 ~The Book~』から読みましょう。

ぜひ参考までに。

これぞ本格!周木律『眼球堂の殺人』は館モノ好きなら必読の作品です 堂シリーズ第2弾!周木律『双孔堂の殺人』はどこまでも新本格な館モノでした 堂シリーズ3弾『五覚堂の殺人』発売。「回転」する館で密室殺人は起こる 堂シリーズ第4弾『伽藍堂の殺人』のトンデモトリックが予想の斜め上をいく凄さでした 『教会堂の殺人』-堂シリーズ第五弾は「罠」に溢れた仕掛けだらけの殺人ゲーム

3 Comments

ネコ

前々から表紙のデザインがおしゃれで気になっていましたが、数学があまり得意ではないので読んでいませんでした。理系でなくても楽しめるのでしょうか?

返信する
anpo39 anpo39

ネコさんおはようございます!
私も全く理系じゃありませんが、一つのミステリー小説としてとても楽しめた作品です。
でも本当にわけのわからないくらい数学的な要素が出てくるので、そこらへんは「ふーん」程度に読み飛ばしても問題ありません笑
まずは『眼球堂の殺人』からお手に取ってみてはいかがでしょうか?ミステリとしてとても面白いですよ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です