『二壜の調味料』-ラストに震える。乱歩が絶賛した「奇妙な味」の最高峰を堪能あれ

『二壜の調味料』とは、ロード・ダンセイニの名作ミステリ短編。

そして、乱歩が絶賛した「奇妙な味」の代表的作品です。

「奇妙な味」の作品は数あれど、これほど強烈な余韻を残すものは滅多にないでしょう。

これは読まなきゃ損というもの。読まずして死ねるかい!ってレベルです。

なので簡単にご紹介させてください( ´∀`)

 

関連記事

➡︎【世界の名作集】「奇妙な味」のおすすめ作品22選

『二壜の調味料』あらすじ

 

主な登場人物。

・「ナムヌモ」という調味料のセールスをしている青年・スメザーズ(ワトソン役・語り手)。

・頭脳明晰な探偵役リンリー。


スティーガーという男が、お金持ちの女性と同棲していました。

しかし、その女性は持っていた財産を全てスティーガーに奪われ、その後失踪してしまいます。

警察も捜査しましたが、女性の行方が全くわかりません。

 

どう考えても怪しいのはスティーガーですね。

 

警察が捜査してわかったのは、

①スティーガーが「ナムヌモ」という調味料を二壜購入していた。

②女性が失踪してから、スティーガーは庭より外に一歩も外に出ていない。

③女性が死亡したと思われる頃から、二週間にも渡って庭の木を一本ずつ切り倒し始めた(倒した後は、綺麗に積み上げて放置)。

④死体を火葬した形跡もない。排水管に不審なものを流した形跡もない。

ということ。

状況から見てスティーガーが女性を殺害した可能性は非常に高いわけですが、死体を処分した形跡もなく、どこからも死体を発見することができません。

確かな手がかりなのは、スティーガー自身が切り倒した大量の木。

 

スティーガーはなぜ、大量の木を切り倒したのでしょうか?

 

いつまでも後を引く余韻。

「ラストで明らかになる真相」も大変よろしいのですが、この作品の素晴らしいところは「物語の運び方」と「真相の暴き方」と「後味」でしょう。

「ただ単に真相を暴き、それが衝撃的だった」という話ではないのです。最後に強烈な一撃を残す作品は他にも多くありますが、『二壜の調味料』はそれとはまた別物。

言ってしまいますと、最後まで読んでも女性の行方はハッキリと読者へ提示されません。

明らかになるのは、木を切り倒した理由だけです。

 

だからこそ最高なのです。

 

これがどういう意味なのか、ただ「読んでください」としか言いようがないのですが。。

〈女性がどこに行ったのか〉ではなく〈なぜ木を切り倒したのか〉という謎をメインに持ってきているところが素晴らしい。

この「木を切り倒した理由」の提示の仕方もニクイんですよね〜。ずるいわー。

真相がわかっていながら改めて読みなおすと、物語の運び方のうまさにウットリしてしまいます。ぜひ二度読んでみてください。

おわり

さて、この『二壜の調味料』はなにも表題作だけではありません。

探偵リンリーが活躍する短編九作品を含めた、全二十六編からなる作品集です。

ミステリーだけでなく、著者お得意のファンタジー風味な物語も収録されており、ロード・ダンセイニの世界観を存分に楽しむことができますよん。

ミステリ短篇というより「面白い短篇集」として読むのが良いでしょう。

ま、やはり表題作がずば抜けていますけどね( ゚∀゚)

後味最高!?ロアルド・ダール『キス・キス』で極上のブラックユーモアを 【世界の名作集】「奇妙な味」のおすすめ作品22選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です