『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』-本格ミステリでゾンビで密室で踊り食いで。

小林泰三さんといえば『玩具修理者』『アリス殺し』『記憶破断者』など好みの作品が多くて毎回新作を楽しみにしているのですが、先日発売された『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』がまた驚きの作品でした。

ゾンビです。

ゾンビをだらけの世界での密室殺人です。

ゾンビ好きの私としては黙ってはいられません!( ゚∀゚)

感想を一言でいえば「さすが小林泰三さんだな」です。こういう特殊な世界設定でのミステリを書くのが本当にお上手なんですわ。

帯のコメントも読んでみたくさせるものばかり!笑

いろいろ見どころはありますが、なんといっても世界観がとても特殊で素敵。

まずはこの作品がどんな世界での出来事なのかを見てみましょう。

 

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。

 

私の脳は近年のゾンビ映画脳になってしまっていたのですが、『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』のゾンビ設定はちょっと特殊なようです。

ゾンビとなると目が白濁し、泥酔した人間のようにフラフラと歩き、人間を襲い始め、噛みつかれた人間が死ぬとゾンビになる、という点はよくあるゾンビ映画と一緒ですね。

 

ただ、この世界にはゾンビウィルスが蔓延していて、非感染者は存在していないとの事。つまり生きている人間も全員がウィルスに感染していることになります。

普通の生活をしている場合ではゾンビになることはないのですが、病気や怪我などで免疫力が低下したり死亡したりするとウィルスが発症しゾンビになっていまうということです。

そのほか、外を歩き回っているゾンビを「野良ゾンビ」、収容所に収容されたゾンビを「家畜ゾンビ」と言ったり、動いているゾンビをそのままの状態で食べるという「ゾンビの踊り食い」をするゾンビイーターと呼ばれる人たちがいたりします(ゾンビの肉は食べても良いことが法律で認められた)。

よくあるゾンビ映画ならゾンビの肉なんて食べたらあっという間にゾンビ化してしまいますが、この世界の人たちはすでにウイルスに感染しており、大怪我や病気をしなければゾンビにはならないわけです。

 

じゃあ安心してゾンビの踊り食いが出来るね♪

 

 

……って出来るかーーい!!!!(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

 

いくら食糧難とはいえ、誰がグズグズに熟成しきったゾンビの肉を踊り食いするんですか!

でもこの世界ではそれを楽しんでいる人たちが大勢います。ワオ……。

とにかくですね、その他諸々を含め世界観の作り込みがすごいです。ミステリ関係なしに、純粋なゾンビ小説としても楽しめちゃいます。

というわけで、あらすじ。

アルティメットメディカル社のパーティー中に研究員の葦土(あしど)がゾンビ化しました。

鍵のかかった部屋の中から叫び声が聞こえ、ドアをこじ開けたらゾンビ化した葦土が出てきたのです。

この部屋に入る前は普通の人間であり、密室でゾンビとなって出てきた。

つまり葦土は密室内でなんらかの理由で死んだことになります。

そんな密室事件に挑むのが探偵の八つ頭瑠璃(やがしらるり)。

 

果たして、犯人はどうやって密室内で葦土をゾンビ化させたのか?というのがメインの謎になってきます。


いたってシンプルな密室殺人もののように見えますが、結論からいうとこの世界でしかできない事件です。

現実世界ではまず無理です。超特殊です。

このトリックをやるために世界観を一から作り上げたと言ってもいいでしょう。

他の作品ではまず味わえないハウダニットです。

 

小林作品の良さが存分に味わえる!

まず何より読みやすい。もともと小林さんの作品は読みやすいですが、その中でも特に。速い方なら二時間ほどでサクッと読めるでしょう。

キャラ立ちもしっかりしているのでキャラ小説としても面白い。

それでいてエンターテイメント性が高く、一気読みさせるだけのスピード感があります。

さらにミステリとしての面白さも味わえるというありがたさ。

で、お待ちかねのあの真実です。

最初にも述べましたように、犯人はどうやって密室内で葦土をゾンビ化させたのか?というハウダニットがメインとなっているのですが、最後にもう一つとんでもない真実が明かされます。

フーダニットでもハウダニットでもホワイダニットでもないまさかの真相です。

 

「なんとなく違和感は感じてたけど、そういうことかあああ〜!!」

 

って感じです。

いやあ、そういう展開でしたか。なんか変だなとは思っていたのですが、そんなパターンは想定できませんでした。

あの真実がわかった上で読み返したら、ああ、やっぱそうだよね、なんで気がつかなかったんだろう(気がつくわけがない)と思ってしまう。

っていうか表紙が

この展開、ぜひ味わってみてください。

おわりに

ゾンビミステリといえば山口雅也さんの『生ける屍の死 (創元推理文庫)』を思い浮かべる方も多いとは思いますが、内容は全くの別物。

とてもサクッと読めて、なおかつミステリとして楽しめ、小林ワールドを存分に味わえるという申し分ない作品です。

それにしてもあの真実。

私は『東京喰種』という大好きな漫画のあるキャラクターを思い出しました。むしろ『東京喰種』からヒントを得たのでは?くらい思いました。多分違います。すいません。

【アリス殺し】小林泰三さんのおすすめ小説5選【玩具修理者】

2015.10.02
スポンサーリンク

関連コンテンツ

ABOUTこの記事をかいた人

anpo39

年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。休日は引きこもって本ばっかり読んでいるので、人との交流があまりありません。仲良くしていただけたら嬉しいです(*≧д≦)