桜庭一樹『GOSICK-ゴシック-』の順番とあらすじと思い出

今回は桜庭一樹さんの『GOSICK-ゴシック-』シリーズの読む順番とあらすじ、私の思い出を少々。

読んでいない小説が圧倒的に多いこの世界で、わざわざもう一度読みたいと思える小説ってなかなか出会えません。

大抵1回読めば満足だし、まだ読んでいない小説のほうが読みたくなるのは当然。限られた時間の中で「どうせ読むならまだ読んでない本を」と思うのも当然のこと。

それでも「再読したい」「何回でも読みたい」と思える本に出会えたら、それはそれは素晴らしい出会いですよね。

そして私が「何回でも読みたい」と思える小説のひとつが、この『GOSICK-ゴシック-』シリーズなのです。

こんな私のブログを読んでくださる方にも、そんな素敵な本との出会いがありますよう願っております。

 

【5作品】桜庭一樹さんの本当におすすめしたい小説5選

2015.09.12

「GOSICK-ゴシック-」シリーズとは

 

さて、この「GOSICK-ゴシック-」シリーズは、異国の地に留学してきた主人公「久城 一弥」が、図書館塔の頂上に佇む美少女「ヴィクトリカ・ド・ブロワ(ヒロイン&探偵役)」と共に様々な事件、困難に立ち向かうライトミステリー小説です。

最初はよくある学園ライトミステリかと思いきや「ヴィクトリカ・ド・ブロワ」が想像以上に深い闇を抱えており、壮大な冒険小説へとなっていきます。

そう、これはライトミステリー小説であり、冒険小説なのです。

殺人事件も起きますが、「どんでん返しを味わいたい!」とか「衝撃のトリックにびっくりしたい!」とか、そういう本格ミステリを求めて読む作品ではないです。

久城 一弥とヴィクトリカの冒険と活躍を見守る作品、として読んでみてください。

 

そして現在、小説には様々な女性探偵が存在しますが、この「ヴィクトリカ・ド・ブロワ」こそ、私の中で一番好きなキャラクターなんです。

これは桜庭一樹さんの文章と描写の巧さのせいでしょう。

文字だけなのにヴィクトリカの仕草や表情などの可愛らしさが目に浮かんで伝わってくるのです。これには一発でやられました。もういちいち可愛いんです(ノω`*)

読む順番はあるの?

このゴシックシリーズは現在までに結構な巻数が出版されています。

で、必ず順番に読んでください。

読む順番は、

《一期》

①『GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)
②『GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)
③『GOSICK 3 ゴシック・青い薔薇の下で (角川文庫)
④『GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)
★『GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫)
⑤『GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)
★『GOSICKs II ゴシックエス・夏から遠ざかる列車 (角川文庫)
⑥『GOSICK VI ゴシック・仮面舞踏会の夜 (角川文庫)
★『GOSICKs III ゴシックエス・秋の花の思い出 (角川文庫)
⑦『GOSICK VII ゴシック・薔薇色の人生 (角川文庫)
★『GOSICKs IV ゴシックエス・冬のサクリファイス (角川文庫)
⑧『GOSICK -ゴシック- VIII 上 ゴシック・神々の黄昏 (角川文庫)
⑨『GOSICK VIII 下 ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)

《二期》

①『GOSICK RED
②『GOSICK BLUE
③『GOSICK PINK
④『GOSICK GREEN

という「刊行順」に読む事をオススメいたします。★がついているのは短編集です。

一期の最終巻『神々の黄昏』を読み終わった時は本当に落ち込みました。もうヴィクトリカたちの冒険を見る事は出来ないのか、と。

そうしたらまさかの二期が始まって。その時の私の喜びようと言ったら大変でしたよ。本当に「生きててよかった」って思ったんですから。笑

 

『GOSICK-ゴシック-』と私の思い出

%e5%86%99%e7%9c%9f

 

ここからは私の思い出話なので、「読む順番を知りたかっただけだよ!」という方は読まなくても全然大丈夫です。笑

 

さて、私は外出する時は常に本を持ち歩くようにしています。ちょっとした移動時間や、何かの待ち時間などがあった場合にすぐに読めるようにしているためです。

そうすれば、ただ過ぎていくだけの時間があっという間に素晴らしい時間になります。

そしてそれは、旅行に行く時も変わりません。

しかしそれがなかなか大変なのです。

1日くらいの外出なら1〜2冊の小説を持っていけば大抵大丈夫なのですが、旅行となるとそうはいきません。

まだ読んだことのない小説を持っていく場合、「もし好みの作品じゃなかったらどうしよう」という不安にかられるのです。

というわけで、1冊だと不安なので3〜4冊持って行くこともしばしば。

一泊の旅行では、だいたい「読んだことのない本2冊」「再読したい本2冊」というパターンが多いですね。

悩んだあげくゴシックシリーズを

さて、「再読したい本」はたくさんあるのですが、その中で旅行に持っていく本となると選ぶのが非常に難しい。そして非常に楽しいんです。

ちなみに私は、友人との海外旅行で「読んだことのない本2冊」と「再読したい本6冊」を持って行ったことがあるのですが、

その持って行った「再読したい本6冊」こそ、桜庭一樹さんの「GOSICK-ゴシック-」シリーズなのです。

とても長いシリーズのため全部は持ってけませんでしたが、それでも私の海外旅行に素晴らしい時間をもたらしてくれました。

というか、基本的に「再読したい本」はあくまで「読んだことのない本」が好みでなかった場合のスペア的なものなのですが、この時は真っ先に「GOSICK-ゴシック-」シリーズを読んでしてしまい、「読んだことのない本」は未読のままに終わりました(*・∀・`)

友人がちょっと引いてしまった

9a35db065c547049da5948350a4e96f5_s

ちなみに友人と4泊5日の海外旅行に行った時、文庫本を8冊持って行った時には友人に「え?」って顔をされました。

飛行機に乗るなりカバンから8冊全部をドサッと出しましてね。あの時の友人の顔はなかなかでしたよ。

そんな読む暇ないよ!と思うかもしれませんが意外と海外旅行の場合、空港での待ち時間や飛行機での移動時間など、結構読書する時間があるのですね〜。

 

まあその間、友人はほったらかしですが(ノ∀`笑)

 

「旅行に行ってまで読書してどうするの?家出すればいいじゃん」とよく言われるのですが、「特別な場所でする読書」って私の中ですごく重要なのです。

それは、とにかく印象に残るから。

表紙絵を見ただけで「ああ、この本は○○で読んだなあ!」と強烈な思い出になるのです。

もはや一緒に旅をした仲間。より本との絆が深まるのです。

おわりに。

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

もし機会があれば、ぜひ旅行などに「相棒」として本を持って行ってみてください。

忘れられない思い出になるはずです。そして、その本をもっと好きになることでしょう。

そうすると改めて思うんです。

私は「本を読む」ことが好きなのはもちろん、それ以上に物質として「本そのもの」が好きなんだなあ、と。

関連記事

➡︎【5作品】桜庭一樹さんの本当におすすめしたい小説5選

スポンサーリンク

関連コンテンツ