「ヴァン・ダイン」のミステリー小説おすすめランキング!

S・S・ヴァン=ダイン(1888/10/15 – 1939/4/11)は、海外ミステリー小説好きなら知らない人はいないアメリカの推理作家さん。

長編作品は全て、名探偵ファイロ・ヴァンスが活躍する《ファイロ・ヴァンスシリーズ》でお馴染みです。

その凄さは、あのエラリークイーンにも影響を与えたほど(*◎v◎*)

 

まあ海外ミステリーを読まない人でも、国内ミステリー小説が好きな人であれば「ヴァンダイン」という名前は

国内ミステリ作家・綾辻行人さんのあの作品でのあのセリフでの印象が凄いですよね、笑

個人的にもあのインパクトが強く、印象に残っている作家さんなのです。

というわけで、今回はヴァン・ダインさんのおすすめミステリー小説をランキング形式にしてみました!

どうぞ参考にしてただければ幸いです(=゚ω゚)ノ

 

5.『カブト虫殺人事件』

 

ヴァンダイン作品の中では目立たない方かもしれないけれど、実は面白い作品なんですよ。エジプトの雰囲気漂う古き良きミステリです。

メインとなるのは「犯人を示す証拠が明確すぎじゃない?」という謎。要は、「証拠がしっかりしすぎて逆に不自然」ということ。ね?面白そうでしょ?(*゚∀゚*)

完全であることを唯一の弱点とする完全犯罪を描いて第一人者が贈る第五作。エジプト博物館内で復讐の神を前にして殺されていた死体は、あまりにも明確に犯人を指摘しすぎていた。

4.『ベンスン殺人事件』

 

ヴァン・ダインと言えば、名探偵ファイロ・ヴァンスが活躍する《ファイロ・ヴァンスシリーズ》。この記事で紹介する作品も全て《ファイロ・ヴァンスシリーズ》です。

そしてこの作品はその名探偵ファイロ・ヴァンスが登場する一作目。

ヴァン・ダインのデビュー作ということもありできれば読んでいただきたいですね(*´艸`)

証券会社の経営者ベンスンがニューヨークの自宅で射殺された事件は、有力な容疑者がいるため、解決は容易かと思われた。

3.『カナリヤ殺人事件』

 

溢れ出る「古典」の良さよ。意外すぎる犯人とか、衝撃のトリックとか、そういうのじゃないミステリの面白さがあります。

そして何と言っても、犯人がわからないまま4人の容疑者を集めての行われるポーカーの場面が最高!これだけで読む価値ありです(*ノ∪`*)

ブロードウェイの名花“カナリヤ”が密室で殺される。容疑者は四人しかいない。その四人のアリバイは、いずれも欠陥があるが、犯人と確認し得るきめ手の証拠はひとつもない。

2.『グリーン家殺人事件』

 

古典的傑作。「館ミステリ」の元祖でございます。ヴァン・ダインの作品を読むなら、いえ、海外ミステリーを読みたいなら是非とも読みましょう。

何より、エラリークイーンの傑作『Yの悲劇』は、この作品に影響されて誕生したという。素晴らしい連鎖ですね〜。

一応2位としましたが、正直2位と1位の差はほぼないです。どっちも読んでください(。・∀・)ノ゛

ニューヨークのどまんなかにとり残された前世紀の古邸グリーン家で、二人の娘が射たれるという惨劇がもちあがった。この事件をかわきりに、一家のみな殺しを企てる姿なき殺人者が跳梁する。

1.『僧正殺人事件(1929年)』

 

言わずもがな、ヴァンダイン屈指の傑作です。

マザーグースを軸に、いわゆる童謡見立て殺人を描いたまさに「古典的傑作」であります。書かれたのは1929年。うーん凄い。

「古典的本格ミステリが読みたいな!」なんて人にはピッタリ。ミステリ好きであれば一度は読んでおきたい作品でしょう( ・∀・)ノ

だあれが殺したコック・ロビン?「それは私」とスズメが言った―。四月のニューヨーク、この有名な童謡の一節を模した不気味な殺人事件が勃発した。

他の人気海外ミステリ作家さんも!

まず読みたい「アガサクリスティ」のおすすめ名作15選

2015.11.09

【5作品】アントニイ・バークリーの読むべきおすすめ小説はこれ!

2016.04.09

「エラリークイーン」入門!まず読むべきおすすめ名作7選

2015.11.11

ジョン・ディクスン・カーのおすすめ名作ミステリ10選

2015.11.18

【入門編】定番人気のおすすめ名作海外ミステリー小説50選

2015.11.15

よろしければ気が向いたときにでも、参考にしていただければ幸いです。

それでは、良い読書ライフを!(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

関連コンテンツ