まず読みたい「アガサクリスティ」のおすすめ名作15選

今回は、絶対読んでおきたいアガサ・クリスティのおすすめ名作ミステリー小説をご紹介です!

おすすめさせていただきたいアガサ・クリスティさんの作品ですが、選ぶのが非常に難しかったです。

なにが難しいって名作が多すぎるんですよ。もうほんと全作品が名作といっていいくらい。だから正直全作品を読んでみてほしいのです(つД`)ノ

 

さてさて、そんな名作の数々を生み出したクリスティさんですが、名前や本のタイトルは聞いたことがあるけど、実は読んでいない、、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにクリスティさんの作品が多すぎてどれを読めばいいかわからないし、そもそも翻訳物の小説が苦手な方もいらっしゃいますよね。

 

そんな訳で今回は数多くあるクリスティ作品のなかで、「まずはこれを読んでおけば間違いない!」って思う名作を15作品に厳選しました!

ポワロ、ミス・マープル、バトル警視など様々なシリーズを含んでおります。

どうぞ参考にしていただければ幸いです(=゚ω゚)ノ

関連記事

【入門編】定番人気のおすすめ名作海外ミステリー小説50選

1.『スタイルズ荘の怪事件』

 

何を隠そう、『スタイルズ荘の怪事件』こそがアガサ・クリスティのデビュー作。そして探偵エルキュール・ポアロの初登場作品なのです。

言わば伝説の始まり。これはもう読むしかないでしょう。

スタイルズ荘で起きた殺人事件をポアロが推理していく、という至ってシンプルな内容。終盤では二転三転する展開、どんでん返しが決まっているなどまさにお手本のようなミステリ小説です。

デビュー作ながらそのクオリティの高さは言うまでもありません。

戦争で負傷したヘイスティングズは、旧友の招きにより、閑静なスタイルズ荘で静養することになった。しかし、彼はそこで、奇怪な事件にまきこまれることになる。

2.『ABC殺人事件』

 

クリスティ代表作の一つ。ミステリ小説をあまり読まない方でもタイトルくらいは聞いた事があるのではないでしょうか。

ABCのアルファベット順に起こる殺人事件を描きます。もうこの設定だけでもワクワクしませんか!私はもう何回読んだことか。

トリック、ストーリーの組み立ても非常にしっかりしていてわかりやすい。安定感抜群といった感じです。

そしてやっぱりどんでん返しが気持ち良くて・・( ゚∀゚ )

注意することだ―ポアロのもとに届けられた挑戦状。その予告通り、Aで始まる地名の町で、Aの頭文字の老婆が殺された。

3.『アクロイド殺し』

 

アガサ・クリスティの小説の中で、というより全ミステリー小説の中でも特に有名な超傑作。

ミステリーを読み慣れていない方なら計り知れない衝撃を受けることでしょう。ミステリー大好きな私だって「そうきたか!!」と驚きましたもん。

ただ一つ注意なのですが、あまり他のレビューなどを読んで予備知識をつけないようにしておきたいですね。ちょっとの事でもネタバレになってしまう可能性があるので。

とにかく、何も言わずに読んでみてほしいです(o-∀-o)

深夜の電話に駆けつけたシェパード医師が見たのは、村の名士アクロイド氏の変わり果てた姿。容疑者である氏の甥が行方をくらませ、事件は早くも迷宮入りの様相を呈し始めた。

4.『ナイルに死す』

 

まるで旅行小説のような、エジプトに行ってみたくなるような雰囲気のある作品。豪華客船で起きた殺人事件を、偶然乗り合わせたポアロが解決していきます。

クリスティ作品の中でもかなりの長編なのですが、飽きさせることなくドップリ読書の世界へ浸ることができます。事件が起きるまでも長いんですけどね、そんなの関係なしに面白いからすごいです。

解決までの過程やトリックはもちろん、人間ドラマとしても魅せてくれるのがクリスティの好きなところ。

美貌の資産家リネットと夫サイモンのハネムーンはナイル河をさかのぼる豪華客船の船上で暗転した。轟く一発の銃声。

5.『メソポタミヤの殺人』

 

メソポタミアで起きた事件にポアロが挑む。

今度こそこの人が犯人なんじゃない?!って思うんですがヤッパリ当たらない。まいっちゃいますよ。

まさかの犯人はもちろん、そのトリックにも驚かされます。とりあえず「やられた!」と叫びたくなりますね。いやあ、改めて読んでもこのトリックすごいなあ(´_ゝ`)

考古学者と再婚したルイーズの元に、死んだはずの先夫から脅迫状が舞いこんだ。さらにルイーズは寝室で奇怪な人物を目撃したと証言する。

6.『オリエント急行の殺人』

 

この作品を始めて読む人の中で、トリックを当てられる人はどれくらいいるのでしょうか?もしいるなら本当に凄いと思います。

私が始めて読んだとき(中学3年生くらい)は、そのトリックと犯人に驚愕しすぎて「これやばいよ!やばすぎるよ!」と一人で悶絶したのを覚えています。

それで興奮して友達にオススメしまくったんですけどね、全然読んでくれませんでしたよ。涙

有名なあまりドラマ化もされているので結末を知ってしまっている方もいるとは思いますが、ここはぜひ原作を読んでほしいですね。本当に面白いです。是非。

数日がかりでヨーロッパを走り抜ける豪華寝台列車、オリエント急行。さまざまな国の客が乗り合わせたその日の列車は、雪の中で立ち往生してしまう。

7.『そして誰もいなくなった』

 

永遠の名作。ミステリー小説好きな人でこの作品を読んだことがない人はいないでしょう。オススメと言うより必読です。

国内ミステリー作品のなかでも『そして誰もいなくなった』をオマージュした作品がいくつもみられ、その影響力の凄さがわかりますね。綾辻行人さんの傑作『十角館の殺人』も『そして誰もいなくなった』をオマージュした作品です。

孤島に集められた10人。降りかかる見立て殺人。その結末は・・・

できれば新旧訳どちらも読んでいただきたいです。

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。

8.『五匹の子豚』

 

有名な「名探偵ポアロ・シリーズ」でありながら、他の作品に比べて知名度は低め。なのに面白さは一級品!隠れ傑作というやつでしょうか。

言わゆる「回想の殺人」と呼ばれるジャンルの作品で、過去に起こった事件を当時関係者のわずかな証言や回想から解決していく、というもの。

で、その「回想の殺人」モノのミステリの中でこの『五匹の子豚』がずば抜けて面白いんです。その見事な構成と伏線にクリスティの凄さを改めて実感しましたね(*´ー`)

母は無実だったのです―娘の頼みにポアロの心は動いた。事件が起きたのは16年前。若い恋人に走った高名な画家を妻が毒殺、裁判の末に獄中死したのだ。

9.『杉の柩』

 

エリノアはロディーと婚約をしていたが、ロディーがメアリイに心を奪われてしまい婚約が解消してしまった。しかしその後、エリノアが作った料理を食べてメアリイは死んでしまう。

どう考えても怪しいのはエノリアだが。

ミステリーとラブストーリーの融合によって見事な美しさを放った作品。

丁寧な心理描写によってまるで恋愛小説を読んでいるかのような感覚に陥りながらも、しっかりミステリーも楽しめてしまうのです。

婚約中のロディーとエリノアの前に現われた薔薇のごときメアリイ。彼女の出現でロディーが心変わりをし、婚約は解消された。

10.『ホロー荘の殺人』

 

クリスティ自身が「ポアロを登場させない方が良かったのではないか」と語るラブミステリ。

読んでみるとなるほど。登場人物たちの魅力が凄まじく恋愛小説として素晴らしすぎるゆえ、ポアロが邪魔なんじゃないかと思えなくもないんです。

確かにこの作品ではポアロの存在感は薄いかもしれませんね。「ミステリー小説」というか「クリスティの小説」としてぜひ読んでおきたい作品でしょう。

アンカテル卿の午餐に招かれたポアロは、少なからず不快になった。邸のプールの端で一人の男が血を流し、傍らにピストルを手にした女が虚ろな表情で立っていたのだ。

スポンサーリンク

11.『火曜クラブ』

 

ポワロに次ぐ名探偵「ミス・マープル」をメインとした13編からなる短編集。ミス・マープルものを読む上で欠かせない作品です。

甥のレイモンドを中心に様々な職業の人々がミス・マープルの家に集まり、過去に起こった事件を語ってそれぞれ推理を競う「火曜クラブ」を描きます。いわゆる「安楽椅子探偵」モノですね。

ミス・マープル作品を読むなら、まずこの作品で彼女の魅力と素晴らしさを堪能してください。きっとファンになっていただけることでしょう。

甥のレイモンドを筆頭に、前警視総監や画家などさまざまな職業の人々がミス・マープルの家に集っていた。

12.『ポケットにライ麦を』

 

同じくミス・マープル。

童謡になぞらえての見立て殺人を描きます。見立て殺人といえば同じ著者の『そして誰もいなくなった』が思い浮かびますが、全くの別物として楽しめます。

ストーリーもミステリーも流石の安定感。そして何より読後感がすごい。胸にくる。

投資信託会社社長の毒殺事件を皮切りにフォテスキュー家で起こった三つの殺人事件。その中に、ミス・マープルが仕込んだ若いメイドが、洗濯バサミで鼻を挟まれた絞殺死体として発見された事件があった。

13.『予告殺人』

 

とある朝、新聞に載った殺人予告。誰かのいたずらか?と思いきや本当に殺人が起きてしまう。

あの江戸川乱歩が褒め称え、多くの人からミス・マープルものの最高傑作とも言われるこの作品。ぜひ、一度は読んでおきたいでしょう。

あのトリックをぜひ目にしてほしいですねえ(*´エ`)

その朝、新聞の広告欄を目にした町の人々は驚きの声を上げた。「殺人お知らせ申しあげます。12月29日金曜日、午後6時30分より…」いたずらか?悪ふざけか?しかしそれは正真正銘の殺人予告だった。

14.『ゼロ時間へ』

 

クリスティお馴染みの名探偵「ポワロ」も「ミス・マープル」も登場しませんがやはり外せない名作。

事件が起きてから解決に至るまでの構成とストーリー展開は圧巻で、途中で読む手を止めるのはほぼ不可能でしょう。

タイトル「ゼロ時間」の意味とは・・・!

残忍な殺人は平穏な海辺の館で起こった。殺されたのは金持ちの老婦人。金目的の犯行かと思われたが、それは恐るべき殺人計画の序章にすぎなかった

15.『春にして君を離れ』

 

この作品はミステリーではありません。しかしとてつもなく怖い。ではホラーなのか?いや、ホラーでもありません。

詳しくは書けませんが、クリスティ作品を読む上で絶対に外すことのできない名作です。これがクリスティ作品なんです。

優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。

が、娘の病気見舞いを終えてバグダッドからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を抱きはじめる…

他の人気海外ミステリ作家さんも!

「エラリークイーン」入門!まず読むべきおすすめ名作7選

2015.11.11

「ヴァン・ダイン」のミステリー小説おすすめランキング!

2016.03.30

【5作品】アントニイ・バークリーの読むべきおすすめ小説はこれ!

2016.04.09

ジョン・ディクスン・カーのおすすめ名作ミステリ10選

2015.11.18

【入門編】定番人気のおすすめ名作海外ミステリー小説50選

2015.11.15

参考にしていただければ幸いです。それでは、良い読書ライフを!(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

8 件のコメント

  • こんにちは。クリスティの作品全部読んだんですか?もしそうならすごいですね…。私も好きですが、読んでない作品が多いです。個人的には『春にして君を離れ』と、映画になった『検察側の証人』がお気に入りです。どの作品もガッツリとした長編で、どんでん返しもあって面白いですよね。

  • りかさんこんにちは!( ´ ▽ ` )ノ
    クリスティの作品は長編は全部読みましたよ〜!まあそれだけで数年かかりましたが、笑

    短編なども結構読んだつもりですが、正直まだまだですね、、。
    でも死ぬまでには全部読んでみたいです(つД`)ノ

    『検察側の証人』もいいですよね〜!そうなんです。長編で読み応えがあってどんでん返しもしてくれる。正直面白い作品を挙げだしたらきりがなくて、、笑

  • 未読の作品が幾つかあったので、近所の本屋に行ったのですが、クリスティーは「死者のあやまち」しかなく、しょうがなく買って、今読み終わりました。
    でも、これヤバイです。最後泣きそうになりました。

    • おお!「死者のあやまち」!
      「死者のあやまち」をチョイスするその本屋さんは素晴らしいと思います。
      ポアロものにしては知名度はやや低い気はしますが、私もとても面白いと思った作品です!(* ´艸`)
      最後やばいですよね。わかります。。

  • うわあ。素晴らしい。こんな風にクリスティのことを紹介してくださる方がいるなんて、クリスティのいちファンとして、興奮してしまいました。
    私も中学生のころ、多くの海外ミステリを読みましたが、アガサクリスティがダントツに好きでした。彼女の描くトリックに圧倒されるだけでなく、ロマンティックな要素も魅力のひとつでした。
    ポアロは『5匹の子豚』、マープルでは『鏡は横にひび割れて』が好きかな。とりわけポアロが好きで、だから、『カーテン』は読めません。私の中で終わりにできなくて。それは何十年たっても変わりません。
    『春にして君を離れ』は、故栗本薫さんが絶賛されていて20歳のころ、読みました。これもミステリではないのに、ゾクッとする話でしたね。話の運び方が非常に上手く、ミステリ作家の括りを越えた人だと、ますます好きになりました。
    なかなか私の身近には海外ミステリを勝たれる方がいなくて。ついうれしくて、長々と、もしわけありませんでした。

    • イシュトヴァーンさん!
      素晴らしいなんて、そんな、、(〃▽〃)照
      クリスティ、本当に良いですよね。私も学生の頃に出会ってむさぼり読んだものです。
      トリックだけでなく、まさにそれ以外の要素がたまらないんですよね。
      『5匹の子豚』、『鏡は横にひび割れて』どちらも好きです。というか好きじゃない作品なんてありません!
      『カーテン』が読めないのはわかります。私はもう読んでしましいましたが、長い間読めませんでしたね笑。読んだら終わってしまうー!感が凄まじかったです。
      申し訳ないなんてとんでもないです!私も海外ミステリを語れる知人なんて全然いなくて、コメント頂けて嬉しいです!本当にありがとうございます(●>ω<)

  • こんばんは。
    ポアロかミスマープル、どちらも甲乙つけがたいですよね。
    ポアロなら、スタイルズ荘の怪事件、ミスマープルなら、パディントン発4時50分と動く指が好きです。
    彼女の作品は、結末がわかった後も何回も読みたいんですよね。
    目がウロコ、とは彼女の作品に相応しいと思います。

    • 鈴木かほりさん、こんにちわ!
      そうなんですよね。ポアロもミスマープルもそれぞれの良さがあって、どっちが好きかなんて選べないです。
      『パディントン発4時50分』と『動く指』!良いですねえ!!
      どちらも記事には書いていないですが、私も好きです!特に『動く指』は何回読み直したことか・・。
      本当おっしゃるとおりです。何回でも読んでしまうんですよ。犯人がわかったからもういいや、ってならないミステリなんですよね。純粋に「読み物」として素晴らしいから好きです(ノω`*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    anpo39

    年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。休日は引きこもって本ばっかり読んでいるので、人との交流があまりありません。仲良くしていただけたら嬉しいです(*≧д≦)