【一の悲劇】法月綸太郎さんのおすすめミステリ小説5選

今回は、ミステリ好きならぜひ読んでおきたい法月綸太郎さんのおすすめ名作をご紹介させていただきます。

法月さんといえば、名探偵・「法月綸太郎シリーズ」が有名。シリーズと言ってもどの作品から読んでも大丈夫なのでご安心を。

もちろんシリーズ以外の作品も十分に面白いです。

こんなにも面白いのに、なかなか話題に上ることがない、、。もったいないですぞ!

どうぞ参考にしていただければ幸いです(=゚ω゚)ノ

1.『キングを探せ』

 

犯人視点から始まる4人による交換殺人を描いた倒叙的なミステリ。この設定自体がもう面白いですよね。

それぞれのターゲットや順番を決めるのは4枚のトランプカード。この殺人をゲーム感覚でやっちゃう感じの作品、大好きです。

とりあえず騙されます。巧妙に仕掛けられたトリックには「やられた!」と言わざるをえません( ´ ▽ ` )

「キングを探せ」というタイトルの意味。凄い。

奇妙なニックネームで呼び合う4人の男たち。なんの縁もなかった彼らの共通項は“殺意”。どうしても殺したい相手がいる、それだけで結託した彼らは、交換殺人を目論む。誰が誰のターゲットを殺すのか。

2.『怪盗グリフィン、絶体絶命』

 

ニューヨークの美術館にある偽物のゴッホの絵を本物とすり替えてくれ、という依頼を受けた怪盗グリフィン。しかしそれは罠であり・・

少年少女向けに書かれた作品でありますが、これが予想外の面白さ。どう考えても大人が読んだって楽しめます。

ユーモアのあるストーリーの面白さ、怪盗グリフィンの魅力、一応子供向けなので非常に読みやすく、けれどしっかり練られた仕掛けも堪能できます(●´∀`●)

“あるべきものを、あるべき場所に”が信条の怪盗グリフィンに、ニューヨークのメトロポリタン美術館にある贋作のゴッホを、本物とすり替えてほしいという奇妙な依頼が。

しかし、それは巧妙な罠だった。グリフィンは次に、国家の威信をかけた“盗み”を引き受ける羽目に。

3.『密閉教室』

 

教室にはクラスメイトの死体。しかも教室は密室であり、あったはずの机と椅子が全てなくなっていた。

この謎に推理マニアである工藤順也が挑む!という学園青春ミステリ。

どうやって密室にしたのか?一体どうやって机と椅子を消したのか?そもそもなぜ消す必要があったのか?など気になることの連続で一気読みしてしまいます。

練られたトリックもいかにも青春な雰囲気もよく、ラストの展開は予想外の方向に∑(゚Д゚)

教室にあるはずの48の机と椅子がすべて消え、代わりにコピーされた遺書と級友の冷たい骸だけが残されていた。しかも密室で。自殺か他殺か。高3で、推理マニアの工藤順也はこの謎に果敢に挑むのだが…。

4.『頼子のために』

 

著者の最高傑作とも言われる名作。

愛娘を殺された父親はとある手記を残していた。それは、警察は信用できないので自ら真犯人を見つけ出し復讐をする、というものだった。

そこで名探偵の法月綸太郎が登場!残された手記に基づきながら事件の驚くべき真相が明らかにしていきます

じわじわと真相に近づいていくときのゾワゾワ感。全てが明らかになったときのなんとも言えない感情。いやー面白い。

「頼子が死んだ」。十七歳の愛娘を殺された父親は、通り魔事件で片づけようとする警察に疑念を抱き、ひそかに犯人をつきとめて相手を刺殺、自らは死を選ぶ―、という手記を残していた。

5.『一の悲劇』

 

『頼子のために』と同じく名探偵「法月綸太郎シリーズ」の誘拐ミステリ。

数多くある誘拐ものミステリ作品の中でもトップクラスの名作だと強く思います。

テンポよく進むストーリー、どいつもこいつも犯人ぽくて怪しいし、しかも最後はバッチリ騙される。この著者に振り回されてる感じが非常に楽しい!(*´艸`)

「あなたが私の息子を殺したのよ!」山倉史郎は狂乱する冨沢路子の前に絶句した。それは悲劇的な誤認誘拐だった。犯人は山倉の子と誤って、同級生の路子の子を拉致したらしい。

最後に

最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

ミステリ好きたるもの、今回紹介した法月綸太郎さんの作品はぜひ読んでおきたい名作です!

どうぞ参考にしていただければ幸いです。

それでは、良い読書ライフを!(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

4 件のコメント

  • はじめまして。お恥ずかしながらここ数年に読書にはまっている者です。特にミステリーが大好きですネットで調べまくって購入してます。で、貴殿のblogに辿り着きました!
    めっさたくさんの読書されてるんですね!
    感心します。同時にミステリー本を参考にさせて頂いてます(笑)。すごい情報量で頼りにしてます!ありがとうございます。
    いつも更新を楽しみにしてますので又いろいろ紹介してくださいね!

    • しんしんさん、コメントありがとうございます!

      こんなに嬉しいお言葉をいただけて本当に嬉しいです(つД`)ノ
      ブログやって良かったってすごく思いました。
      こちらこそありがとうございます!

      私も特にミステリ小説が大好きで、小学校高学年くらいからずっと読んでいます(笑)
      読書は本当に良いですよね!
      もうじゃんじゃん読書しちゃいましょう!w

      こんなブログですが、ぜひとも参考にしていただけたら嬉しいです!(((o(*゚▽゚*)o)))
      本当にありがとうございました!

  • こちらこそ勝手にコメントしてしまいすいません。しかし、小学生からミステリー好きとは素晴らしいです!!又、羨ましくもあります。私はここ数年、ちょっとしたきっかけで読書にハマってしまい綾辻さんからスタートしたまだまだ初心者です(-_-;)
    だから、貴殿のblogを参考に購入したりもしてます。又、blogがとても見やすいです!
    解説も大変、参考になります。
    基本、毎日blog見てるのでこれからも
    全国の読書好きの方々の為にがんばってくださいね。

    追伸 年間300冊はすごいです!
    私はまだ今年47冊程度です(笑)

  • しんしん さん!

    いえいえ、読書にを始めるのに遅いも速いもないです!
    綾辻さんは間違いなく面白いです(笑)ぜひ他の作品も読んじゃってください( ´ ▽ ` )ノ

    わ〜!ありがとうございます(つД`)ノほんとにほんとに嬉しいです頑張ります!

    暇があったら速攻で読んじゃうので気が付いたらかなりの量に、、(⌒-⌒; )
    全然いいじゃないですか!無理してたくさん読むより、自分のペースで読んだ方が絶対楽しめますからね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    anpo39

    年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。休日は引きこもって本ばっかり読んでいるので、人との交流があまりありません。仲良くしていただけたら嬉しいです(*≧д≦)