島田荘司『屋上』-御手洗潔シリーズ屈指のバカミスがノベルス化して登場!(褒めてます)

もともと『屋上の道化たち』として出版されていたものを、『屋上』と改題し加筆してノベルス化したものです。

なんども言いますが「バカミス」は褒め言葉ですからね。「そんなバカな!!」って言わせてくれるミステリのことですからね。

初めに言っておきますと、この真相が明らかにされるとき、人によっては「本格ミステリをなめるな!」と壁に叩きつけてしまうくらいの衝撃を受けるでしょう。

しかし、一部の人間にはニヤニヤが止まらないくらいの、最高のバカミスなのです。

 

その『屋上』に登ってはいけない。

 

U銀行勤務の岩木俊子(いわきとしこ)は気分ルンルンだった。

決して美人とは言えない彼女にトムクルーズ似のイケメン彼氏ができ、来月結婚まですることになったのだから。

まさに人生の最高潮。

周りの社員に彼氏の写真を見せ自慢しているところに、課長から「屋上の鉢に水をやってきてくれ」と頼まれる。

「はーい、わかりました」と、えらくご機嫌のまま屋上へ向かう岩木俊子。

 

そのあと社員たちが、人生なにがあるかわからんもんだなあ、と話していると、ドーン!という爆発音が鳴り響いた。

 

 

岩木俊子が飛び降り自殺したのだった。

 

 

いや、ありえない。

そんなはずはない。

岩木俊子だけはありえない。

トムクルーズ似のイケメンと結婚する直前だったのだ。

今さっきまで気分上々で自慢していた彼女が自殺?

ありえない。

 

つまりこれは殺人だ、と即座に判断した社員たちは、すぐ屋上に駆け上がる。

しかし、誰もいない。犯人の隠れるような場所もない。

では自殺なのか。いや、彼女だけはありえない。

 

すると、一人の社員が「彼女が飛び降りる場面を目撃した」と言い出す。

「そのとき屋上には誰もいなかった」「彼女は一人で落ちていった」と。

 

一体なぜ。

二人目の犠牲者

その翌日。

住田係長と小出という社員は、話し合っていた。やはり岩木俊子が自殺なんてするわけがない、と。

そして、彼女と結婚する予定だったトムクルーズ似の男は乱視で、岩木俊子の太い足も丸い団子鼻も細く見えていたんじゃないか、なんて冗談も言っていた。

そのとき、小出に声がかかる。

「屋上の植木に水をあげてきてくれ」と。

じゃあまた後で話し合いましょう、と屋上へ向かう小出。

少しばかり書類に目を通していた住田係長。

 

すると間も無く、ドーン!という爆発音のようなものが聞こえてきた。

 

 

小出が飛び降り自殺したのだった。

 

 

いやいやいやいや、ありえない。

さっきまでここで談話していて、自殺する素ぶりなんて全くなかった彼がどうしてこうなる。

すぐに屋上へ駆け上がるが、やはり不審者の姿はない。

殺人ではないのか。

本当に自殺なのか。

そんなバカな。

 

 

……というのが大まかなあらすじ。

めっちゃホラーですやん。

自殺する気もない人が、その屋上に登ると自殺してしまう。

ミステリじゃなくてホラー小説じゃないか、と思われるかもしれませんがご安心を。

れっきとしたミステリ小説です。

この後もっと不可解なことが続くんですが、ネタバレしすぎてしまうのもあれなんで、あらすじはここまでにしておきましょう。

この後のストーリーもホラーじみててめちゃくちゃ面白いです。

御手洗潔の登場、読者への挑戦状。

嬉しいことに読者への挑戦があるんですけど。

我々が関わった過去の諸事件の報告文を、これまで数多く読まれたヴェテラン読者諸兄姉は、ゆえにもうすでに気づかれているものと私は想像している。

(省略)

事件の真相を推理する材料は、すでに充分以上であり、それをはるかに通り越してあからさまである。

ゆえにこのような文言は、むしろ失礼にあたらないかと恐れている。

ともあれ、この奇妙なミステリーの真相構造を、この段階で見抜かれんことをここにお願いするとしよう。

P.250より引用

 

 

いやいやいやいや。

こんなのわかるかい!!!

「我々が関わった過去の諸事件の報告文を、これまで数多く読まれたヴェテラン読者諸兄姉は、ゆえにもうすでに気づかれているもの」なの?!

わたし御手洗潔シリーズ全部読んでるけど?!わからなかったよ?!わたしがバカなの?!

 

まあいいや。わたしは気づかない方が楽しめるタイプだもんねー(開き直り)。

 

それはさておき、御手洗潔が登場するのは残り3分の1くらいになってからですね。

そこからはあっという間で、話を聞いて、現場を見た御手洗はすぐに謎を解き明かしちゃいます、が。

「こいつは今まで最大級に変わっているぜ、石岡君」

御手洗はまず私に話しかけた。

「とてつもないからくりだ。なんて珍妙なんだい!もしも事実がこの通りなら、これは今まで生きてきて感謝だ。こんな奇妙奇天烈、奇怪千万な現象に出会えたんだからね。ああ、感謝だ!」

(省略)

「信じられないぜ、到底この世の出来事とは思えないよ。ミステリーの歴史が始まって百数十年、まず、こんな事件が起こったことはないだろうね、少なくとも、ぼくは知らない。ああ、すごいぜ!」

P.271.272より引用

このあと御手洗は腹を抱え大笑いし、タップダンスを踊りはじめます。

 

いや、もうね、この真相は確かにそんな気持ちになっちゃいますわ。そりゃ御手洗もテンション上がっちゃいますわ。

正直、御手洗潔シリーズってほとんど珍妙な事件ばかりなので、ある程度のトンデモトリックを覚悟していたんですけど、これには呆然しました。

そして笑いました。

私もタップダンス踊ろうかと思いました。

 

間違いなくこんな事件、御手洗潔シリーズでしか味わえないだろうし、御手洗潔シリーズだからこそ許せるというか笑っちゃうというか、「今回もやってくれたな!」って感じです。

まさに前代未聞の事件なので、ぜひ目にしてほしい。

そして「そんなバカな!!!」って言って本を壁に叩きつけてほしい(本は大事にしましょう)。

おわりに

事件の内容は呪いとか祟りみたいなホラー系ですが、実際はコメディミステリです。最高に楽しめます。

しかもかるーい感じで読めます。

「えーっ!」

私たちはまた大声をあげた。

「毎回驚くんだな」

御手洗はあきれたように言った。しかし私はそれ以外にどうすることもできない。驚くものは仕方がない。これまで何度となく御手洗の謎解きを聞いてきた私だが、今回ほど私の度肝を抜いたものはない。

私は今回、いつにも増して、説明を聞いてただ悲鳴を上げるだけの無能な人間だった。

P343より引用

さあ、あなたも石岡君と同じく、悲鳴を上げるだけの無能な人間になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です