【中山七里】どんでん返し!御子柴礼司シリーズの順番とおすすめは?

スポンサーリンク

 

さて今回は『連続殺人鬼 カエル男』や『さよならドビュッシー』などの作品で有名な、中山七里さんの「御子柴礼司シリーズ」をご紹介です。

このシリーズは、悪辣弁護士・御子柴礼司を主人公とした法廷ミステリー。

法廷モノと聞くと難しいイメージがあるかもしれないですが、このシリーズは法廷モノのの中でもかなり読みやすいのでご安心ください。

そして、このシリーズの人気の秘密はなんといっても「どんでん返し」です!

どんでん返し好きな方はぜひ読んでみてほしいです(●´∀`●)ノ

 

作品紹介

1.『贖罪の奏鳴曲』

《どんでん返し度:★★★★》

シリーズ第一弾。

主人公が死体遺棄をしているという、びっくりな展開から始まる今作。なぜ死体遺棄を、、と気にさせて一気読み。

主人公・御子柴の人物像を知るためにも必読の一冊です。このシリーズを読んでいく上で非常に重要な作品であるので、しっかりこの作品から順番に読みましょう。

もちろん、一作目からどんでん返しがキマっています。

御子柴礼司は被告に多額の報酬を要求する悪辣弁護士。彼は十四歳の時、幼女バラバラ殺人を犯し少年院に収監されるが、名前を変え弁護士となった。

2.『追憶の夜想曲

《どんでん返し度:★★★★★》

シリーズ2作目にして、「このシリーズは最高に面白い」と確信を得た作品。

悪辣弁護士の御子柴が、夫殺しの容疑がかかる主婦の弁護を突如希望する。一体なぜか?というストーリー。

ページをめくる手が止まらない、とはまさにこの事です。

物語自体も深く面白いことながら、特に終盤の二転三転する展開、どんでん返し、衝撃のラスト、のフルコースには圧巻です。お見事すぎる。

豪腕ながらも、依頼人に高額報酬を要求する“悪辣弁護士”御子柴礼司は、夫殺しの容疑で、懲役十六年の判決を受けた主婦の弁護を突如、希望する。対する検事は因縁の相手、岬恭平。

3.『恩讐の鎮魂曲』

《どんでん返し度:★★★》

船の海難事故で、女性から救命胴衣を奪い取り生き延びた男が「緊急避難」として無罪となる。

話は一転、御子柴の恩師である稲見が殺人容疑で逮捕された。しかし、その容疑に違和感を持った御子柴は稲見の弁護人となる。

前作『追憶の夜想曲』ほどのどんでん返しでは無かった感じはしますが、二転三転するストーリー展開はさすがです。

あいかわらず序盤から引き込まれストーリーで、ほぼノンストップで読んでしまった。「あの事がここに繋がってくるのか!」という展開は本当に面白かったです。

御子柴もどんどん魅力的になってくる。早く続編が読みたい(●´Å`)

韓国船が沈没し、251名が亡くなった。その事故で、女性から救命胴衣を奪った日本人男性が暴行罪で裁判となったが、刑法の「緊急避難」が適用され無罪となった。

おわりに

最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

ぜひ濃厚などんでん返しを堪能ください!楽しいですよ〜(* ´艸`)

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ