【島田荘司】新刊『屋上の道化たち』は面白い?感想やあらすじなど

御手洗潔シリーズの最新作『屋上の道化たち』が登場!

 

待ってました!(≧∀≦*)

島田荘司さんによる《御手洗潔シリーズ》の50作目、『屋上の道化たち』が先日発売になりました!

いやあ、とうとう50作目となりましたか、早いものですね。シリーズ一作目の『占星術殺人事件』や『異邦の騎士』をワクワクしながら読んでいたのを最近の事のように思います。。(ノД`)

 

《御手洗潔シリーズ》って?

cae932f5ece57339f4a37399c79e0200_s

御手洗潔シリーズとは、日本を代表する推理作家さんの一人である「島田荘司」さんによるミステリーシリーズ。「御手洗潔」とはこのシリーズの名探偵の名前です。

このシリーズ以外にも数多くの作品を発表していますが、やはり一番人気なのはこの《御手洗潔シリーズ》でしょう。〈島田荘司=御手洗潔シリーズ〉という方も多いのでは?

特に『占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)』『改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)』『異邦の騎士 改訂完全版』などはミステリー小説好きなら必読レベルの名作です(>ω<*)

 

『屋上の道化たち』はどんな物語?

さて、今回の『屋上の道化たち』は

自殺する気なんて無かったはずなのに次々に人が飛び降りてしまう屋上の謎、という何やら呪いじみた謎に御手洗潔が挑みます。

これだけ見るとなかなか不気味な印象ですが、内容に関しては実にコミカルで楽しく読み進めることができます。私の大好きな「読者への挑戦」もありました(ノ∇≦*)

また読む人にとっては「バカミス」と言われてもおかしくないような展開で、同シリーズの『斜め屋敷の犯罪』を思い出しますね。実に嬉しいことです!このぶっ飛んだ感じが最高なんですよ!待ってました!

まったく自殺する気がないのに、その銀行ビルの屋上に上がった男女は次々と飛びおりて、死んでしまう。いったい、なぜ?
「屋上の呪い」をめぐる、あまりにも不可思議な謎を解き明かせるのは、名探偵・御手洗潔しかいない!

やっぱり《御手洗潔シリーズ》は面白いなあ

8bd2830c1055c6404051a2a9321f342a_s

私も好きなシリーズだけあって、読む前はドキドキしたんですが安定の面白さで大満足!

ユーモアたっぷりで楽しく読めるし、キャラは相変わらず良いし、大掛かりで変化球なトリックはたまらないです。見事な真相でした。

御手洗潔が好きならぜひ読んでくださいね!

あ、でも御手洗潔シリーズを読んだことがないという方は、最低でも『占星術殺人事件』『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』は読んでおいてほしいです(ノ∀`)

それでは良い読書ライフを!(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

関連コンテンツ