『Another エピソードS』が文庫化したので衝動買いして再読してテンションはMAXに

綾辻行人さんの名作『Another』の外伝作品『Another エピソードS』が文庫化したよ!

 

好きな作品は単行本で一回読んでいるのに、文庫化するとまた買ってしまう私のくクセ。

もう単純に「本」というものが物語を楽しむだけでなく「物質」として好きなんですよね。

しかもこの『Another エピソードS』は特別。

まず何が言いたいって、表紙絵の見崎鳴ちゃんが魅力的すぎるんですよね。ため息が出るほどに美しい。

 

Another エピソードS (角川文庫)

もうこれだけで買いです。部屋に飾っておきます。

 

まずは本編『Another』を読もう!

 

『Another』は、日本を代表するミステリ作家・綾辻行人さんによる作品。

夜見山北中学校を舞台に、呪われた3年3組に降りかかる悲劇を描いたホラーミステリー小説です。

漫画化、アニメ化、実写映画化もされた超人気作ですね。

 

そして今回文庫化された『Another エピソードS』は本編『Another』の外伝的作品です。

というわけで「エピソードS」を読む前に『Another』を読んでおく必要があります。

そうしておかないとほぼ楽しめません。逆に『Another』を好きな方ならとっても楽しめる作品です!(* ´艸`)

 

もう一人の「サカキ」の物語。『Another エピソードS』

 

舞台となるのは『Another』でのあの「現象」が終わった秋頃。

見崎鳴(みさきめい)が1週間ほど夜見山を離れていた時の出来事を、『Another』の主人公である榊原恒一に話していくという設定です。

 

1996年の夏、見崎鳴は賢木昇也(さかきてるや)と出会います。

この賢木は夜見北3年3組の元生徒で、「87年の惨事」の被害者でした。

月日は流れ1998年の夏。その件について賢木に話を聞きたかった見崎鳴ですが、すでに賢木は亡くなっていました。

しかしその夏、見崎鳴は賢木の幽霊と出会い物語は大きく動き始めます。

僕の死体はどこに?

さて今作は、主に賢木の幽霊視点で構成されています。

しかしこの賢木の幽霊は記憶が曖昧であるため、

どのような理由であんな死に方をしたのか?

自分の死体は一体どこにあるのか?

なぜ世間には自分が死んだことになっていないのか?

という様々な謎が彼に降りかかってきます。

そんな謎を、幽霊である自分を唯一「見れる」見崎鳴と共に解決していくのです。

結論。Another好きなら必読の一冊

スキャン 5

さすが綾辻さん!といったところで、

物語のいたるところに重要なキーワードが隠されているんですよね。

終盤でどんどん回収されていくのですが、ああ!そういえばなんで気がつかなかったんだ!と思うことが多々あります。

ミステリとして見ても十分に面白く、綾辻さんらしい仕掛けに騙された方も多いのではないでしょうか。

また、賢木の幽霊目線で見る「見崎鳴」が非常に魅力的に描かれています。もともと見崎鳴というキャラクターが好きな方は今作でより好きになるでしょう。

ともかく、本編『Another』との繋がりも楽しめるのでAnotherファンにとっては至れり尽くせり。

そしてラストも「うおおお!」と唸りたくなる展開で締められています。

綾辻さんの作品が好きな方、そして『Another』という作品を好きな方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

 

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

ABOUTこの記事をかいた人

anpo39

年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。休日は引きこもって本ばっかり読んでいるので、人との交流があまりありません。仲良くしていただけたら嬉しいです(*≧д≦)